マリー・「ンディアイ」ゴンクール賞受賞した黒人女性作家

394zFRfaWkKCk
2009年に黒人女性として初めて
フランスを代表する文学賞・
ゴンクール賞を受賞した作家は
マリー・◯◯◯◯◯?
ンィデイア
→ンディアイ
「マリー・ンディアイ」

マリー・ンディアイ(Marie NDiaye、1967年6月4日 – )はフランスの小説家、劇作家。12歳から執筆を開始し、17歳の若さで処女長編 Quant au riche avenir を発表した。2001年には長編『ロジー・カルプ』でフェミナ賞を、2009年には Trois Femmes puissantes でゴンクール賞を受賞した[1]。また彼女が作劇した戯曲 Papa doit manger は、女性作品としては2番目のコメディ・フランセーズ上演種目となった。
ンディアイはピティヴィエで生まれ、フランス人の母の元で育った。父はセネガル人だが、彼女が15歳になるまで父と会うことはなかった。
引用元: マリー・ンディアイ – Wikipedia.

彼女は17歳で作家デビューを果たしたわけだが、彼女が本格的に書き始めたのは若干13歳。それまで本が好きで本ばかりを読んでいた彼女に、両親がタイプライターをプレゼントしたことがきっかけとなった。本を作りたいと思い書き始め、みずから本やノートに原稿を書きためてそれをタイプライターで打つという作業を繰り返して作品を書いていたという(じっさいに草稿を見せてもらったがとても細かい字でびっしりと書くタイプだ)。作家では、とくにフォークナーにはかなりの影響を受けているという。
引用元: 版元日誌 » マリー・ンディアイ来日レポート.

Marie NDiaye (born June 4, 1967, in Pithiviers, Loiret) is a French novelist and playwright. She published her first novel, Quant au riche avenir, when she was only 17 and she won the Prix Femina in 2001 for her novel Rosie Carpe. Her play Papa doit manger has been taken into the repertoire of the Comédie française.
>Her novel Trois femmes puissantes won the 2009 Prix Goncourt.[3]
引用元: Marie NDiaye – Wikipedia, the free encyclopedia.