「リエゴ」革命 1820スペインの立憲革命 ラファエル・デル・リエゴ・イ・ヌニェス大佐 

391JqtvToDlSM
1820年に起きた
スペインの立憲革命のことを
それを指導した大佐の名前から
「◯◯◯革命」という?
ンビタエ
ナゴリジ
→リエゴ
「リエゴ革命」

スペイン立憲革命(スペインりっけんかくめい)は、1820年1月1日にスペインで起きた革命運動である。「スペイン第1内戦」[要出典] とも「自由の3年間」とも言われる。ボルボン家の絶対君主制に対する、自由主義運動である。
>その翌年の1月1日にラファエル・デル・リエゴ・イ・ヌニェス大佐が率いる部隊が「『1812年憲法』復活」を求め、反乱を起こした。
この反乱は当初は兵士の支持が得られないこともあり、失敗するかに見えたが、スペイン各地で同様の反乱や暴動が勃発し、首都マドリードにも反乱の火の手は及んだ。
国王フェルナンド7世は事態を収拾するために「1812年憲法」の復活を承認し、この年の3月7日には、憲法復活を宣誓した。
引用元: スペイン立憲革命 – Wikipedia.

ラファエル・デル・リエゴ・イ・ヌーニェス (Rafael del Riego y Nuñez 1784年4月9日 – 1823年11月7日) は、スペインの将軍・自由主義政治家である。
>しかしカディスに到着後、他の士官たちとともに、デル・リエゴは1820年1月1日反乱をおこし(スペイン立憲革命)、「1812年憲法」の復活を要求した。のちに1820年から1823年の「自由主義の三年間」として知られる時代のはじまりである。デル・リエゴの軍隊は、反王政の蜂起が始まるものと期待しながらアンダルシアの各都市に行軍したが、地方の人々は関心を示さなかった。しかしガリシアでは反乱が起き、スペイン各地へと広まった。1820年3月7日、マドリードの王宮はバリェステロス将軍の指揮のもと包囲され、3月10日に国王は憲法の復活に同意した。
引用元: ラファエル・デル・リエゴ – Wikipedia.

スペイン本国では、1820年にリエゴ革命が勃発し、一時的に王政が廃止される事態となります。 もっとも、これはすぐに鎮圧され、王政が復古しますが、この事件はラテンアメリカの スペイン植民地で既に散発してた独立運動を勢いづかせる結果となります。

リエゴ革命から5年経たないうちに、アルゼンチン、チリ、パラグアイ、ベネズエラ、ペルー、コロンビア、グアテマラ、 エクアドル、メキシコといったラテンアメリカの諸国が次々と独立。 ついに、スペインの植民地はキューバやフィリピンなどわずかしか残っていない状況にまで陥ってしまいます。

さらに1868年にキューバがスペインからの独立を宣言。 キューバでも独立戦争に突入します。
引用元: スペイン紀行–スペインの歴史–.