「ニスタット条約」大北方戦争後の条約 スウェーデンが失地・帝政ロシアの成立

166fwrrgzprsnj
大北方戦争でロシアに敗れ
ニスタット条約を締結した国は?

55%
スウェーデンをタッチ
jprerjgohie
引用元:スウェーデン王国 | 外務省 http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/sweden/

169irRdQVXOqP
1700年から1721年まで行われた
大北方戦争の結果、ロシアと
スウェーデンの間で結ばれた
講和条約は◯◯◯◯◯条約?
ワイアンン
ユトレック
ニスタヒギ
ニスタット(答)
「ニスタット条約」

CIMG5659
1721年に結ばれる
ロシアがバルト海の覇権を握る
スウェーデンが領土を失う
北方戦争の講和条約
ユトレヒト条約 1713 イギリスとスペイン アン女王戦争の講和条約
フベルトゥスブルクの和約 1763プロイセン王国とオーストリア 7年戦争の講和条約
アーヘン和約 1748 オーストリア継承戦争の講和条約
ニスタット和約(答)

ニスタット条約(スウェーデン語: Freden i Nystad、ロシア語: Ништадтский мирный договор)は、大北方戦争の後、1721年9月10日(旧暦で8月30日)にロシアとスウェーデンのあいだで結ばれた講和条約。現在のフィンランドのウーシカウプンキ(Uusikaupunki、スウェーデン語でニュスタード)において結ばれた。
>結果・影響[編集]
この条約によってバルト海の覇権を失ったスウェーデンでは、大北方戦争中にカール12世が戦死していたこととあわせ、国王の権威を低下させた。そのため王権の制限が進められ、絶対王政下における大国主義から、いわゆる「自由の時代(スウェーデン語: Frihetstiden)」へと移行することになった。
引用元: ニスタット条約 – Wikipedia.

大北方戦争(だいほっぽうせんそう、スウェーデン語: Stora nordiska kriget、ロシア語: Великая Северная война、ポーランド語: III wojna północna、デンマーク語: Den Store Nordiske Krig、ドイツ語: Großer Nordischer Krieg、英語: Great Northern War、1700年 – 1721年)は、スウェーデンと反スウェーデン同盟(北方同盟)を結成した諸国とがスウェーデンの覇権をめぐって争った戦争であり、近世の北欧、中欧、そして東欧における重要な画期となった。
引用元: 大北方戦争 – Wikipedia.

1721年の北方戦争でのロシアとスウェーデンとの講和条約。ロシアはバルト海進出を果たした。

ロシアのピョートル1世の時の、スウェーデンとの北方戦争の結果として1721年に締結された、講和条約。ニスタットは講和会議の開催されたフィンランドの地名。ロシアはリガを含みリヴォニア、エストニア、イングリア、カレリアの一部などバルト海沿岸の地域を獲得。スウェーデンはロシアに占拠されていたフィンランドを回復したが、賠償金の支払いの義務を負った。両国は商業の自由を約したが、ロシアは念願のバルト海進出を果たし、スウェーデンはその覇権を失った。ロシアの発展にとって重要な転機となる条約であった。
引用元: ニスタットの和約.