『シラノ・ド・ベルジュラック』Cyrano de Bergerac 仏作家ロスタンの小説 17世紀実在の人物をモデル

077IhRekoihFX
次の文字列を順に選んで
フランスの作家ロスタンの
小説のタイトルにしなさい
シラノ

ベルジュ
ラック
『シラノ・ド・ベルジュラック』
Cyrano de Bergerac

『シラノ・ド・ベルジュラック』(Cyrano de Bergerac)は、エドモン・ロスタン作の五幕の韻文戯曲。題名通り、17世紀フランスに実在した剣豪作家、シラノ・ド・ベルジュラックを主人公にしている。サラ・ベルナールを介して知った俳優、コンスタン・コクラン(Coquelin aîné)の依頼で書いた。
初演は、シラノ没後242年の1897年。ポルト・サン=マルタン座(Théâtre de la Porte Saint-Martin)の12月28日の初日から500日間、400回を打ちつづけ、パリ中を興奮させたといわれ、以降今日に至るまで、フランスばかりでなく、世界各国で、繰り返し上演されている。
引用元: シラノ・ド・ベルジュラック (戯曲) – Wikipedia.

サヴィニヤン・ド・シラノ・ド・ベルジュラック (Savinien de Cyrano de Bergerac、1619年3月6日 – 1655年7月28日)は、フランスの剣豪、作家、哲学者、理学者。
1897年上演されたエドモン・ロスタンの戯曲「シラノ・ド・ベルジュラック」により名を知られた。作品の中では、容貌(大きな鼻)に悩みながら、一人の女性を胸中で恋い慕い続け生涯を終えていく、騎士道精神や正義感の強い男として描かれる。
引用元: シラノ・ド・ベルジュラック – Wikipedia.

シラノは学者で詩人で軍人で,おまけに天下無双の剣客だが美男とは言いかねる大鼻の持主.この豪傑が「考えまいと思うそばから,あの命取りの美しさ」と秘かに想いをかける従妹に,あろうことか同僚の色男から仲をとりもって欲しいと頼まれる…….十七世紀の実在の人物シラノはロスタンの劇化でフランス一の人気者となった.
引用元: 岩波ブックサーチャー シラノ・ド・ベルジュラック.