「フランツ2世」初代オーストリア帝国皇帝「アウステルリッツの戦い」神聖ローマ帝国最後の皇帝

017TaPQPHsHPR
フランス革命戦争
初代オーストリア帝国皇帝
最後の神聖ローマ帝国皇帝
アウステルリッツの戦い
フランツ2世(答)
カール5世
カール4世
フランツ・ヨーゼフ1世

フランツ2世(ドイツ語: Franz II.、1768年2月12日 – 1835年3月2日)は、最後の神聖ローマ皇帝(在位:1792年 – 1806年)であり、最初のオーストリア皇帝フランツ1世(ドイツ語: Franz I.、在位:1804年 – 1835年)である。
>その後ナポレオン戦争に巻き込まれ、三帝会戦(アウステルリッツの戦い)で惨敗し、フランツ2世は神聖ローマ皇帝の称号を自ら放棄して、神聖ローマ帝国は名実ともに消滅した。しかし、自らの支配領域であるオーストリアとハンガリー王国を中心としてオーストリア帝国を再編し、オーストリア皇帝フランツ1世として君臨した。またクレメンス・メッテルニヒを登用し、ウィーン会議で失地を回復した。
国家運営をすべてメッテルニヒら臣下に任せる場合が多かったが、質素な生活を好み、その在位も40年の長きにわたったため、晩年は国民からも親しみを込められて「善き皇帝フランツ」と称された 。
引用元: フランツ2世 – Wikipedia.

フランツ[2世]【Franz II】

1768‐1835
最後の神聖ローマ皇帝。在位1792‐1806年。オーストリア皇帝としてはフランツ1世(在位1804‐35)。神聖ローマ皇帝レオポルト2世の長男。ナポレオンに敗れて1804年ハプスブルク家世襲領をオーストリア帝国に再編,06年神聖ローマ帝国は解体する。10年娘マリー・ルイーゼMarie Louise(1791‐1847)をナポレオンに嫁がせ帝国の温存を図ったが,ウィーン会議後は官僚と軍隊の頂点にあってメッテルニヒに政治をゆだね,正統主義による反動的役割を果たした。
引用元: フランツ[2世](フランツ)とは – コトバンク.

カール5世(Karl V., 1500年2月24日 – 1558年9月21日)は、ハプスブルク家出身の神聖ローマ皇帝(在位:1519年 – 1556年)であり、スペイン国王(在位:1516年 – 1556年)としてはカルロス1世(Carlos I)と呼ばれる[1]。
>ハプスブルク帝国の絶頂期に君臨し、近世における最も重要な人物の一人である。その治世は、ヨーロッパ統合を果たしたカール大帝以来の歴史的ヨーロッパ概念の創造者、体現者と言われる。
引用元: カール5世 (神聖ローマ皇帝) – Wikipedia.

カール4世(Karl IV.,1316年5月14日 – 1378年11月29日)は、ルクセンブルク家出身の神聖ローマ皇帝(在位:1355年 – 1378年)。ボヘミア(ベーメン)王カレル1世(Karel I., 在位:1346年 – 1378年)としても著名である。フランス語名ではシャルル(Charles)。
文人皇帝として知られ、しばしば、最初の「近代的」君主と称される[1]。金印勅書の発布やプラハ大学の創設、教皇のローマ帰還への尽力などで知られる。
引用元: カール4世 (神聖ローマ皇帝) – Wikipedia.

フランツ・ヨーゼフ1世(ドイツ語: Franz Joseph I.、1830年8月18日 – 1916年11月21日)は、オーストリア帝国、のちオーストリア=ハンガリー帝国のオーストリア皇帝およびハンガリー国王(在位:1848年 – 1916年)。
>68年に及ぶ長い在位と、国民からの絶大な敬愛から晩年はオーストリア帝国(オーストリア=ハンガリー帝国)の「国父」とも称された。晩年は「不死鳥」とも呼ばれ、オーストリアの象徴的存在でもあった。しばしばオーストリア帝国の実質的な「最後の」皇帝と呼ばれる。皇后は美貌で知られるエリーザベトである。
引用元: フランツ・ヨーゼフ1世 – Wikipedia.