「延鎮」えんちん 音羽山清水寺を創立

107GNtiMJPPfE
京都のこのお寺を創立した
とされる僧は?
(画像出題 清水寺)
えんちん
延鎮

延鎮 えんちん
?-? 奈良-平安時代前期の僧。
法相(ほっそう)宗。大和(奈良県)子島寺の報恩にまなぶ。宝亀(ほうき)9年(778)行叡(ぎょうえい)とであい,京都東山の音羽山に庵をむすぶ。延暦(えんりゃく)17年(798)坂上田村麻呂が同地にたてた清水寺の開山となった。
引用元: 延鎮(えんちん)とは – コトバンク.

清水寺(きよみずでら)は、京都府京都市東山区清水にある寺院。山号を音羽山。本尊は千手観音、開基(創立者)は延鎮である。もとは法相宗に属したが、現在は独立して北法相宗大本山を名乗る。西国三十三所観音霊場の第16番札所である。
>清水寺は法相宗(南都六宗の一)系の寺院で、広隆寺、鞍馬寺とともに、平安京遷都以前からの歴史をもつ、京都では数少ない寺院の1つである。また、石山寺(滋賀県大津市)、長谷寺(奈良県桜井市)などと並び、日本でも有数の観音霊場であり、鹿苑寺(金閣寺)、嵐山などと並ぶ京都市内でも有数の観光地で、季節を問わず多くの参詣者が訪れる。また、修学旅行で多くの学生が訪れる。古都京都の文化財としてユネスコ世界遺産に登録されている。
引用元: 清水寺 – Wikipedia.

音羽山清水寺(おとわさんきよみずでら)は、宝亀9年(778)に奈良子島寺(こじまでら)の賢心(けんしん)、後の延鎮上人(えんちんしょうにん)によって開創されました。
引用元: 清水寺 縁起 | 音羽山 清水寺.