『シャンターのタム』スコットランド詩人ロバート・バーンズの代表作「シャンター村の農夫タム」 『タム・オ・シャンター序曲』

128cbaawlpFuA
スコットランドの魔女伝説を題材
とした、18世紀スコットランドの
詩人ロバート・バーンズの代表作
のタイトルは?
ャのンムシータタ
シャンターのタム(答)
『シャンターのタム』

『タム・オ・シャンター序曲』[1](英: Tam O’Shanter Overture)作品51は、マルコム・アーノルドが1955年に作曲した演奏会用序曲。スコットランドの魔女伝説に取材したロバート・バーンズの有名な詩に基づく。スコアに明記された演奏時間は「およそ7分半」[2]。
>内容は「シャンタ村の農夫であるタムが、ある嵐の夜にエアの町で酒を呑んで浮かれ騒いだ後、葦毛の愛馬メグ(マギー)に跨り帰宅する途中、廃墟であるアロウェイ教会に明かりが灯り、踊りの音楽が聞こえるのに気付く。不思議に思って覗いてみると、内部では悪魔や魔女が踊り興じていた。その中の若い魔女ナニーが短い下着姿[3]で踊るのに見惚れたタムが歓声をあげたため、悪魔や魔女に追われる羽目となり、間一髪マギーの俊足で助かるが、マギーの尻尾は魔女のために抜かれていた」というもの。
引用元: タム・オ・シャンター序曲 – Wikipedia.

ロバート・バーンズ(Robert Burns、1759年1月25日 – 1796年7月21日)は、スコットランドの国民的詩人である。スコットランド語(Scots language)を使った詩作で知られ、スコットランド民謡の収集、普及にもつとめた。
>この時期、『シャンタのタム』(Tam o’Shanter)や『我が恋人は紅き薔薇』(Red, Red Rose)などの優れた作品が生み出された。また自ら収集し、新たに作詞し直した民謡をMusical MuseumやSelect Collection of Original Scottish Airsなどで発表した。
>ロバートが収集し自ら改作した数々のスコットランド民謡は、世界各地で親しまれている。日本でもAuld Lang Syneは『蛍の光』として、Comin Thro’ The Ryeは『故郷の空』としてなじみ深い。
引用元: ロバート・バーンズ – Wikipedia.

Tam-o-shanter の shanter の意味を知りたいです。たぶんシャンター村(か町)のタムという人名だろうと思いますが、Shanter はどこにあるのですか?
>ここに Shanter Way という通りがあります。ズームアウトするとスコットランド内の位置関係がわかります。
>地図の中央付近に「タモシャンター(Tam o’ Shanter)」の作者であるロバート・バーンズの生家があって、今は記念館として公開されているようです。
引用元: Shanter 村 【OKWave】.