『相碁井目』あいごせいもく 同じ行いでも力量に差があること

227YWsTKxCRct
同じことをしても人によって力量に
違いがあることを喩えた言葉です
相碁井目
あいごせいもく

意 味: 何事につけても実力は上下さまざまであること。
読 み: あいごせいもく
解 説: 「相碁」は、同程度の腕前の人どうしが打つ碁。「井目」は、四角の中に「井」の字を書くと、「囲」の形になり、九つに区分されることから。碁盤の目の上に記した九つの黒い点をいう。囲碁で、両者の実力に大差のあるときは、弱い人があらかじめこの九点に自分の石を一つずつ置いて、有利にすること。「相碁聖目」「相碁星目」とも書く。
出 典: 『俚言集覧』
引用元: 相碁井目(あいごせいもく):ことわざデータバンク [一覧].