「金地院崇伝」こんちいんすうでん 家康に仕えた「黒衣の宰相」『異国日記』

019rXfRtGxRey
徳川家康に仕える
臨済宗の僧侶
『異国日記』『本光国師日記』
別名「黒衣の宰相」
金地院崇伝(答)こんちいんすうでん
円空
良寛
沢庵宗彭 たくあんそうほう

崇伝(すうでん、永禄12年(1569年) – 寛永10年1月20日(1633年2月28日))は、安土桃山時代から江戸時代の臨済宗の僧。以心崇伝(いしん すうでん)、金地院崇伝(こんちいん すうでん)とも呼ばれる。外交僧として江戸幕府の政策に関与し、黒衣の宰相の異名を取った。
>著作に日記の『本光国師日記』『本光国師語録』、外交関係の記録に『異国日記』がある。優れた学僧であったが、その権勢の大きさと、方広寺鐘銘事件に代表される強引とも思える政治手法により、世人から「黒衣の宰相」「大欲山気根院僭上寺悪国師」と称され、沢庵には「天魔外道」と評されるほどだった[4]。ただし家康没後は後ろ盾を失い、天海にその地位を奪われたとの評価もある。
引用元: 崇伝 – Wikipedia.

円空(えんくう、寛永9年(1632年) – 元禄8年7月15日(1695年8月24日))は、江戸時代前期の行脚僧であり、全国に「円空仏」と呼ばれる独特の作風を持った木彫りの仏像を残したことで知られる。
>円空仏はデザインが簡素化されており、ゴツゴツとした野性味に溢れながらも不可思議な微笑をたたえていることが特徴で、一刀彫という独特の彫りが円空仏の個性を引き立てている。一刀彫というのは鉈一本で彫り出した事に由来するが、実際には多数の彫刻刀によって丹念に彫られており、鉈で荒削りで彫ったに過ぎないというのはただの宣伝である。円空としては民衆が気軽に拝める、現代で言えば量産型の仏像として製作し、野に置かれる事を望んでいたのだが、そのデザインが芸術的に高く評価されたため、大寺院で秘仏扱いされる事もあった。
引用元: 円空 – Wikipedia.

良寛(りょうかん、宝暦8年10月2日〔1758年11月2日〕 – 天保2年1月6日〔1831年2月18日〕)は江戸時代後期の曹洞宗の僧侶、歌人、漢詩人、書家。俗名、山本栄蔵または文孝。号は大愚。
>最期を看取った弟子の貞心尼が『蓮の露』に良寛の和歌を集めた。良寛は他に漢詩、狂歌、俳句、俗謡に巧みで、書の達人でもあった(故に後世の贋作が多い)。新潟県長岡市(旧和島村)の隆泉寺に眠る。
>良寛の名は、子供達を愛し積極的に遊んだという行動が人々の記憶に残っている。良寛は「子供の純真な心こそが誠の仏の心」と解釈し、子供達と遊ぶことを好み、かくれんぼや手毬をついたりしてよく遊んだという(懐には常に手毬を入れていたという)。名書家として知られた良寛であったが、高名な人物からの書の依頼は断る傾向があったが、子供達から「凧に文字を書いて欲しい」と頼まれた時には喜んで『天上大風』(てんじょうたいふう)の字を書いた(現在でもその凧は残っている)。
引用元: 良寛 – Wikipedia.

沢庵 宗彭(たくあん そうほう、澤庵 宗彭、天正元年12月1日(1573年12月24日) – 正保2年12月11日(1646年1月27日))は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての臨済宗の僧。大徳寺住持。諡は普光国師(300年忌にあたる1944年に宣下)。号に東海・暮翁など。
但馬国出石(現兵庫県豊岡市)の生まれ。紫衣事件で出羽国に流罪となり、その後赦されて江戸に萬松山東海寺を開いた。書画・詩文に通じ、茶の湯(茶道)にも親しみ、また多くの墨跡を残している。一般的に沢庵漬けの考案者と言われているが、これについては諸説ある(同項目を参照のこと)。
引用元: 沢庵宗彭 – Wikipedia.