「山中温泉」松尾芭蕉が河合曾良と別れた温泉

018yklNhaHDWa
松尾芭蕉の『おくのほそ道』の
旅で、芭蕉と河合曾良が別れた
石川県加賀市の温泉は◯◯温泉?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
やまなか
「山中温泉」


次の現在の県のうち、松尾芭蕉が
『奥の細道』の中で詠んだ
場所があるものを全て選びなさい
1の画像 石川県◯
2の画像 青森県×
3の画像 東京都◯
4の画像 長野県×
栃木県◯
岩手県◯
茨城県×
『奥の細道』で詠んだ県 東京都 栃木県 宮城県 岩手県 秋田県 山形県 新潟県 富山県 石川県 福井県 岐阜県 | わかればいいのに I wish I knew.

CIMG5160
「この道や行く人なしに
秋の暮れ」という句を詠んだ
俳人は松尾芭蕉である
→◯
×小林一茶

文字パネル
俳人・松尾芭蕉が訪れた象潟(きさかた)がある秋田県にあるひらがな名前の都市といえば○○○市?
→にかほ

山中温泉(やまなかおんせん)は、石川県加賀市にある温泉。古くから歴史のある温泉の地[1] であり、加賀温泉郷の一角を占める。
>文字通り「山の中」にあり、一帯は鶴仙渓という景勝地である。街のシンボルであるこおろぎ橋や草月流家元がデザインしたユニークな形のあやとり橋も楽しめ、日帰り入浴施設も充実している。山中漆器の産地でもあり、土産物屋が多い。山中節という民謡もある。
>奥の細道の松尾芭蕉と河合曾良は驚異の速さで行程を歩いたが、終点の岐阜大垣を目前に安堵したか、温泉嫌いであった芭蕉もここ山中温泉の名湯が格別気に入り八泊後、芭蕉は那谷寺を参詣し小松へ戻り、腹を病んでいた曾良を先に帰し大聖寺へと別れた。重陽の節句(菊の節句)に因む名湯を称えた句を残す。
引用元: 山中温泉 – Wikipedia.