「シケイロス」メキシコ壁画三大巨匠の一人 ディエゴ・リベラ ホセ・クレメンテ・オロスコ

013skiNGDMsad
リベラ、オロスコと共にメキシコ
壁画の三大巨匠と呼ばれる画家
シケイロス
Siqueiros

ダビッド・アルファロ・シケイロス(David Alfaro Siqueiros, 1896年12月29日 メキシコ・チワワ州カマルゴ – 1974年1月6日 メキシコ・モレロス州クエルナバカ)は、メキシコの社会主義リアリズムの画家(壁画家)、スターリン主義者。ディエゴ・リベラ、ホセ・クレメンテ・オロスコらとともにメキシコ壁画運動(メキシコ・ルネサンス)を立ち上げた、巨大なフレスコ壁画作品で知られている。
引用元: ダビッド・アルファロ・シケイロス – Wikipedia.

(画像あり)
岡本太郎もびっくり?シケイロスの壁画が見られるメキシコシティのスポット
>シケイロスは、ディエゴ・リベラ、ホセ・クレメンテ・オロスコと並ぶ、メキシコ3大壁画家のひとりであり、1910年のメキシコ革命後、1920〜40年代に起こったメキシコ壁画運動の中心人物。
>壁画運動は、従来のヨーロッパ主義的な芸術ではなく、メキシコの先住民族や民衆に向けて、ルーツ回帰や歴史、人びとの結束を訴えるものでした。言葉が読めない人にも、壁画を見ただけでメッセージが伝わるように、公共の場に描かれることを基本としているのが特徴です。
あの岡本太郎(1911〜1996)も、1960年代後半にメキシコに滞在していた頃、壁画運動に大きな影響を受けたとされています。とくに、政治色の強いメッセージと、力強い線が特徴的なシケイロスの作品には、岡本太郎の作品と通じるものを感じるのです。
引用元: 岡本太郎もびっくり?シケイロスの壁画が見られるメキシコシティのスポット | TABIZINE~人生に旅心を~.