『クリスティン・ラブランスダッテル』ノルウェーの作家シグリ・ウンセット 1928ノーベル文学賞

055RvRGRhFWTC
次の文字列を順に選んで
ノルウェーの作家
シグリ・ウンセットの
代表作のタイトルにしなさい
クリスティン
ラブ
ラン
スダッテル

『クリスティン・ラヴランスダッテル Kristin Lavransdatter』

シグリ・ウンセット(Sigrid Undset, 1882年5月20日 – 1949年6月10日)は、ノルウェーの小説家。1928年ノーベル文学賞受賞者。
>最も有名な作品は『クリスティン・ラヴランスダッテル Kristin Lavransdatter』である。同書は中世のノルウェーを舞台とした作品であり、1920年から1922年までに3巻が出版された。ウンセットは1925年と1927年に出版した『オーラフ・アウドゥンスセン Olav Audunssøn』2部作でノーベル文学賞を受賞した。
引用元: シグリ・ウンセット – Wikipedia.

代表作は14世紀前半のノルウェーに設定された《クリスティン・ラブランスダッテル》三部作(1920‐22)。詳細な時代考証によるリアリズム小説で,クリスティンの成長と恋愛体験,結婚生活と夫の裏切り,子どもの苦労から破局をへて神への信仰にいたる壮大な一生の物語。
引用元: 《クリスティン・ラブランスダッテル》(くりすてぃんらぶらんすだってる)とは – コトバンク.