カミーユ・ピサロ フランス「印象派展」全回参加したした唯一の画家

043qDdPgfbBfI
1874年から1886年まで
フランスで開催された
印象派展に全て参加した
唯一の画家は?
エドガー・ドガ
ポール・セザンヌ
カミーユ・ピサロ(答)
カミーユ・コロー

>ジャコブ・カミーユ・ピサロ(Jacob Camille Pissarro、1830年7月10日 – 1903年11月13日)は、19世紀フランスの印象派の画家。
>ピサロは印象派展には1874年の第1回展からグループとして最後の第8回展(1886年)まで、毎回参加しており、計8回の印象派展に欠かさず出品した、ただ一人の画家である。
印象派の画家のなかでは最年長者であったピサロは温厚な性格だったようで、画家仲間の信望が厚く、ゴッホやセザンヌらの若い世代の画家を大いに励ましていたという。

1860年代半ばにフランスで起きた芸術運動で、描く対象の輪郭や固有の色より、周囲の光や空気の変化を正確にとらえようとした画家たちをさす。港の早朝を描いたモネの「印象・日の出」(1872年)が由来。サロン(官展)落選組が中心で冷笑されたが、旧来の写実主義や遠近法を離れ、自分の感覚に正直な画法として後世の絵画に計り知れない影響を与えた。独自の造形と筆づかいのセザンヌ、ゴッホ、ゴーギャンらは後期印象派と呼ばれる。
( 2006-12-06 朝日新聞 夕刊 2総合 )
引用元: 印象派 とは – コトバンク

CIMG3170ZZWdjOksrAoY
美術史の基本資料として有名な
『画家・彫刻家・建築科列伝』の
著者としても知られるイタリアの
画家はジョルジョ・○○○○○?
ヴマァーエ
フフザエポ
チィリンリ
→ヴァザーリ
「ジョルジョ・ヴァザーリ」

次の絵画の傾向を年代が古い順に選びなさい
マニエリスム
ロマン主義
バルビゾン派
印象派
エコール・ド・パリ