豊臣秀頼「千姫」の最初の夫 徳川秀忠「崇源院」徳川家斉「広大院」徳川綱吉「浄光院」 徳川家宣「月光院」徳川家慶「本寿院」徳川吉宗「深徳院」

044qOdCGwsRIr
徳川秀忠の娘・千姫の
最初の夫となった武将は?
本崎秀盛
毛多直元
坂利輝刻
→豊臣秀頼

一問多答
次のうち、徳川秀忠の娘・千姫と結婚した男性を全て選びなさい
◯豊臣秀頼 とよとみひでより
◯本多忠刻 ほんだただとき
✕池田光政───勝姫(本多忠刻の娘)
✕坂崎直盛───千姫奪回事件後に死亡説
✕浅井長政───お市の方(信長の妹)

CIMG71968wB4vmnLw2wy
次の歴代徳川将軍と正室の
正しい組み合わせを選びなさい
徳川秀忠───崇源院
徳川家斉───広大院
徳川綱吉───浄光院
徳川家宣───天英院
徳川家定───天璋院

CIMG71954c89OYaojMus
次の歴代徳川将軍と側室の
正しい組み合わせを選びなさい
徳川家宣───月光院
徳川家慶───本寿院
徳川吉宗───深徳院
徳川秀忠───浄光院
徳川家光───宝樹院
徳川綱吉───瑞春院

千姫(せんひめ)は、安土桃山時代から江戸時代の女性。豊臣秀頼・本多忠刻の正室。父は徳川秀忠、母は継室の江。号は天樹院。
>慶長2年(1597年)4月11日、秀忠と江の長女として、山城国伏見城内の徳川屋敷で産まれる。慶長8年(1603年)に7歳で秀頼と結婚し、乳母の刑部卿局とともに大坂城に入る。慶長20年(1615年)の大坂夏の陣では、祖父・徳川家康の命により落城する大坂城から救出される。
>元和2年(1616年)、桑名藩主・本多忠政の嫡男・本多忠刻と結婚。この時、津和野藩主・坂崎直盛が輿入れの行列を襲って千姫を強奪する計画を立てていることが発覚し、直盛は自害(もしくは家臣により殺害)、坂崎氏は改易処分となった(千姫事件)。
引用元: 千姫 – Wikipedia.