炎と鍛冶の神

アフロディテと結婚経験のある
オリンポス12神の1柱
ヘパイストス(答)
66%


次のギリシャ神話の
登場人物とその妻の
正しい組み合わせを選びなさい
カドモス───ハルモニア
クロノス───レア
ヘパイストス───アフロディーテ
41%

555vKQHdiu
次のうち
ギリシャ神話の主神
ゼウスの兄弟姉妹に当たる
神を全て選びなさい
デメテル(答)
アトラス
ヘラ(答)
ポセイドン(答)
ハデス(答)
引用元:カドモス「ハルモニア」クロノス「レア」ヘパイストス「アフロディーテ」 https://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/32444/

ヘーパイストス(古希: ΗΦΑΙΣΤΟΣ, Ἥφαιστος, Hēphaistos)は、ギリシア神話に登場する神である。古くは雷と火山の神であったと思われるが、後に炎と鍛冶の神とされた。オリュンポス十二神の一柱。神話ではキュクロープスらを従え、自分の工房で様々な武器や道具、宝を作っているという。その象徴は円錐形の帽子、武具、金床、金鎚、矢床である[1]。

その名前の語源は「炉」・「燃やす」という意味のギリシア語に由来するといわれているが、インド神話の火の神・ヤヴィシュタに由来するともいわれる。古くから小アジアおよびレームノス島、シチリア島における火山帯で崇拝された神といわれる。

ローマ神話ではウゥルカーヌス(Vulcānus)に相当する。あるいは、ローマ神話名を英語読みしたヴァルカン(Vulcan)や、日本語では長母音を省略してヘパイストスやヘファイストスとも呼ばれる。
引用元:ヘーパイストス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%BC%E3%83%91%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%B9

ヘパイストス
へぱいすとす

ヘパイストスとは、ギリシャ神話に登場する炎と鍛冶の神。

概要
鍛冶の神で、同時に『鍛冶』という『炎』と密接に関連する職業から「火の神」でもある。象徴も火箸や金床、金槌といった職人らしいものが揃う。
ゼウスとヘラの第一子であるが、ゼウスの浮気にキレたヘラが一人で生んだとの伝承もある。
性格は真面目で、仕事を愛する硬派な職人気質。派手さこそ無いものの、非常に優れた技術を持ち、ゼウスの盾アイギスを始めとする多くの道具を作っている。(後述)

工房には、鍛冶の技能を持つサイクロプスを雇っている。彼らはかつてゼウス/ポセイドン/ハデス最大の武器を作っており、これ以上ない仕事仲間といえよう。

本人の容姿は醜く、生まれつき足が曲がっていたが、妻は美の女神アフロディーテ、または美と優雅を司る女神達の一柱アグライアだったと伝わる。一般的にはアフロディーテが有名だが、天界での妻がアフロディーテ、地上での妻がアグライアという説もある。
引用元:ヘパイストス (へぱいすとす)とは【ピクシブ百科事典】 https://dic.pixiv.net/a/%E3%83%98%E3%83%91%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%B9