【ヘロデ王から】聖家族のエジプト逃避

『アレクサンドロス大王の戦い』
『エジプト逃避途上の休憩』など
の作品で有名な、16世紀前半に
活躍したドイツの画家は?
ートルドフアァル
アルトドルファー(答)
29%
Altdorfer

次のうち新約聖書に登場する「東方の三博士」を全て選びなさい
メルキオル(答)
カスパル(答)
バルタサル(答)


ルーブル美術館所蔵の絵画
『民衆を率いる自由の女神』
の作者はドラクロワですが
『聖アンナと聖母子』の作者は?
ジェリコー
レオナルド・ダ・ヴィンチ(答)
ドラクロワ
ワトー
36%


レオナルド・ダ・ビンチの師匠
ヴェロッキオが彼と共同で制作
した絵画で、弟子の描いた天使を
見て画家を辞めたとされるのは?
『聖ヒエロニムス』
『東方三博士の礼拝』
『キリストの洗礼』(答)
『白貂を抱く貴婦人』
引用元:レオナルド・ダ・ヴィンチ『聖アンナと聖母子』 https://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/38982/

アルブレヒト・アルトドルファー(Albrecht Altdorfer, 1480年頃 ‐ 1538年2月12日[1])は、16世紀前半に活動したドイツの画家。ドナウ派の代表的画家であり、西洋絵画史において、歴史画や物語の背景としての風景ではない、純粋な「風景画」を描いた最初期の画家と言われている[2]。絵画のほか、建築、写本挿絵、版画なども手掛けた。
引用元:アルブレヒト・アルトドルファー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%92%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC

ヘロデ王
前37年、ハスモン朝を滅ぼし、ローマの宗主権の下ユダヤ王となり、大王と言われた。イェルサレム神殿を再建。この時代の末にイエスが生まれた。

新約聖書に見るヘロデ大王

 新約聖書のマタイ福音書第2章では、イエスはヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムで産まれたとされている。そのとき東方から来た占星術の博士たちが「ユダヤの王が生まれた」と言っているのを聞き、恐れたヘロデ王は、ベツレヘムとその周辺で産まれた2歳以下の男の子を、一人残さず殺した。イエスの父ヨセフは夢に天使が現れ「エジプトに逃れなさい」と告げたので、幼子イエスとその母マリアを伴ってエジプトに逃れていたので難を逃れた。ヘロデが死んだ後にイスラエルの地に戻ったヨセフは、やはり天使の声に導かれてナザレの町に住み、イエスを育てたという。<『新約聖書』マタイによる福音書 第2章>
引用元:ヘロデ王 https://www.y-history.net/appendix/wh0103-117_1.html

聖家族(せいかぞく、羅: Sacra Familia)は、幼少年時代のイエス・キリストと養父ヨセフ、聖母マリアのことであり、キリスト教美術の主題のひとつであった。

聖家族をモチーフとした作品の創造は、15世紀から17世紀のルネサンス美術・バロック美術において盛んであった。よく描かれたのは『マタイによる福音書』が伝える聖母のエジプト逃避で、旅の途上で休憩するマリア母子が豊かな風景画として描かれた。後の画家は、この画題に幼い洗礼者ヨハネや他の聖人を配した。
引用元:聖家族 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E5%AE%B6%E6%97%8F