【古代ギリシャ女性】ペプロス

次の人々と着た衣装の
正しい組み合わせを選びなさい
古代ギリシャ人─キトン
古代ローマ人─トーガ
中世ヨーロッパ人─ダルマティカ
44%

242dXeMnLP
古代ローマ人が着た
この衣装を何という?
(画像出題)
トガ(答)
トーガ(答)
47%
引用元:「トガ」古代ローマ人の上着 https://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/26217/

ダルマティカ (dalmatica) とは、ゆるやかな広袖のチュニックの一種。

初期キリスト教徒に好んで着られ、後にローマ帝国の公服となり、法服となった。
引用元:ダルマティカ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%AB

キトン(χιτών)とは古代ギリシアの男女が用いた衣服のこと。

紀元前6世紀ごろ、従来の毛織物に代わってエジプトから輸入された亜麻布を使った衣服の総称。

概要
女子の着付け方には大きく分けて二方式がある。従来のペプロスと同じ、上端を折り返して体に巻きつけ、両肩を留めて腰に帯を締めるドーリア式。腕を出す穴を残して脇が縫われた二枚の布で体を挟み、肩から手首までを数か所に分けて留めた後、帯を占めて襷のように肩ひもを掛けるイオニア式。時にはイオニア式キトンの上にドーリア式キトン(ペプロス)を重ねることもあった。

男子の着付け方も、女子のドーリア式と同様の両肩を留めるものと、エクソミス(ἐξωμίς)といって左肩のみ留めるものがあった。

女子のキトンは踝丈だったが、男子のキトンは腿丈がほとんどで、子供や軍人、旅装や羊飼い、猟をするときなどは膝上丈にして着ていた。ただ、男性でも身分の高い者や儀式などの礼装としては踝丈の長いものを使っていた。

色は白が多かったが、壁画などに染色を施されたものも見える。基本的に外套のヒマティオンより淡い色に染められた。
引用元:キトン (衣類) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%88%E3%83%B3_(%E8%A1%A3%E9%A1%9E)

ペプロス (peplos) とは、古代ギリシアの女性が着用していた長衣のこと。

紀元前6世紀ごろからドーリア人の女性に着られたものが元になっており、初期は厚ぼったい粗末な毛織物で作られた。後に薄い織り物へと変わり、ゆるやかに体の線を浮かびあがらせて着用するようになる。

仕立てが同じで亜麻で作ったものはドーリア式キトンとも呼ぶが、本稿では区別せず扱う。
引用元:ペプロス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B9

トガ(toga)とは古代ローマで下着であるトゥニカの上に着用された一枚布の上着の名称である。トゥニカが英語由来の「チュニック」で表記されることがあるように、本来ラテン語では長音の付かないトガも英語などの現代西洋諸語の読み方にならって「トーガ」と長音を付して表記されることがある。古代ギリシアのヒマティオンに似るがはるかに巨大(ヒマティオンと比べて丈は2倍、幅にいたっては3倍近い)で、ヒマティオンが両性が着用できるものであるのに対してトガはその発展に伴い男性服となっている。

その前身は古代ギリシアのヒマティオン模倣説や同じくイタリア半島の古代国家エトルリアの長方形や半円形の布を使った同型の衣装からの発展説の2つが主流だが、トガの最大の特徴は社会制度に深く結びついていたため身分標識としての発展が目覚しいことである。
引用元:トガ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%82%AC