【雪解け】冷戦緩和【緊張緩和】デタント

小説『雪どけ』で有名な
旧ソ連の作家です
エレンブルグ(答)
51%


ファーストネームはニキータ
冷戦の「雪どけ」に尽力
1953年ソ連の最高指導者に
スターリン批判
チェルネンコ
フルシチョフ(答)
プレジネフ
マレンコフ
69%


1964年ソ連の最高指導者に
ファーストネームはレオニード
デタント
アフガン紛争に介入
ブレジネフ(答)
引用元:ニキータ・フルシチョフ https://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/45885/

イリヤ・グリゴーリエヴィチ・エレンブルグ[注釈 1](ロシア語:Илья Григорьевич Эренбург イリヤー・グリゴーリイェヴィチュ・エリンブールク、1891年1月26日 – 1967年8月31日)は、ソ連の作家。

スターリン批判後に書かれた『雪どけ』(Оттепель)(1954年)において、エレンブルグはスターリン時代における芸術家の悲劇を描き、のちのパステルナークやソルジェニーツィンなどと同じくスターリニストたちの攻撃の的となった。1964年に発表された『回想録』[2]は、自己弁護とソ連邦の政策を正当化する傾向を免れていないとしても、20世紀ロシアの歴史に手がかりを与えた。
引用元:イリヤ・エレンブルグ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%83%A4%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%B0

雪どけ
ゆきどけ
Оттепель/Ottepel’
ロシア・ソ連の作家エレンブルグが書いた中編小説。第一部は1954年、第二部は56年に刊行された。工場長の妻レーナと若い技師コロチェーエフとの恋愛を中心に、奇矯な老人ソコロフスキー、懐疑的な若い画家ボロージャらが登場する。一見、風俗小説風であるが、ソ連の社会がスターリンの死によってしだいに明るさを取り戻していく過程を背景に、市民たちの生活が多面的に描かれている。第一部発表の54年という年は、スターリンの死の翌年で、スターリン批判に先だつ2年前である。
引用元:雪どけとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E9%9B%AA%E3%81%A9%E3%81%91-145012