【交流】小室達『伊達政宗公騎馬像』

海をテーマとした三部作
『黒潮閑日』『潮音』『漁夫像』
で有名な、戦前に活躍した
宮城県出身の彫刻家は誰?
淀井敏夫
高橋英吉(答)
木内克
本郷新
29%

高橋 英吉(たかはしえいきち、1911年4月13日 – 1942年11月2日)は日本の彫刻家。宮城県石巻市出身。

東京美術学校(現・東京芸術大学)で木彫を学び、文展(現・日展)を中心に活躍した。『黒潮閑日』『潮音』『漁夫像』の《海の三部作》などにより将来を嘱望されたが兵役に就き、1942年にガダルカナル島の戦いで死亡した。
引用元:高橋英吉 (彫刻家) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%A9%8B%E8%8B%B1%E5%90%89_(%E5%BD%AB%E5%88%BB%E5%AE%B6)

石巻・湊小で特別授業 彫刻家の高橋英吉と小室達から、高め合う大切さ学ぶ
2020年12月10日 10:50
引用元:石巻・湊小で特別授業 彫刻家の高橋英吉と小室達から、高め合う大切さ学ぶ | 河北新報オンラインニュース / ONLINE NEWS https://kahoku.news/articles/20201210kho000000062000c.html

小室 達(こむろ とおる、1899年(明治32年)8月10日 – 1953年(昭和28年)6月18日)は、日本の彫刻家。

伊達政宗騎馬像

1933年(昭和8年)11月26日、「伊達政宗公三百年祭協賛会」が第30代内閣総理大臣・斎藤実(旧仙台藩・水沢伊達家の家臣の三男)を総裁として宮城県および仙台市の連合で結成された[2]。同年、小室は宮城県青年団から政宗の銅像制作を依頼され、1601年(慶長6年)4月に仙台藩祖・伊達政宗が仙台城(青葉城)に入城した姿を写した「伊達政宗騎馬像」(伊達政宗卿像)の制作を開始した[1]。政宗の300回忌にあたる1935年(昭和10年)5月24日を中心に、5月20日から26日まで仙台市を中心に宮城県内各地で記念事業が開催された[2]が、このとき「伊達政宗騎馬像」も仙台城本丸に建立された[1][3][4][† 1]。
引用元:小室達 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%AE%A4%E9%81%94