【日本】小栗虫太郎『黒死館殺人事件』夢野久作『ドグラ・マグラ』中井英夫『虚無への供物』

次の「中国四大奇書」に
数えられる書物と、その作者と
される人物の正しい組み合わせを
選びなさい
西遊記─呉承恩
金瓶梅─蘭陵笑笑生
水滸伝─施耐庵
三国志演義─羅貫中
34%


次の『水滸伝』に登場する
梁山泊百八星のメンバーを
属するのが天コウ星か地サツ星
かでグループ分けしなさい
【天コウ星】魯智深、公孫勝、盧俊義
【地サツ星】魏定国、安道全、皇甫端、単廷珪
20%
引用元:「天罡星」魯智深「地煞星」魏定国、安道全 https://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/39596/

四大奇書(しだいきしょ)とは、中国で元代から明代にかけ、俗語体で書かれた4つの長編小説の総称。「奇書」とは「世に稀なほど卓越した書物」という意味である。「四大奇書」は清代前期の書店が販売促進用につけたキャッチフレーズであり[1]、その名は清中期の乾隆年間(1736年 – 1795年)に芥子園刊本において確立した[2]。

「四大奇書」に挙げられているのは『三国志演義』、『水滸伝』、『西遊記』、『金瓶梅』の4作品である[3]。だが、本場中国では清中期になってから『金瓶梅』の代わりに『紅楼夢』を加えたものを「四大名著(中国語版)」と呼ぶ[4]ようになり、「四大奇書」よりこちらの方が一般的である[5]。

日本では、推理小説における小栗虫太郎著『黒死館殺人事件』、夢野久作著『ドグラ・マグラ』、塔晶夫(中井英夫)著『虚無への供物』の3作品を「三大奇書」と呼んでいたが、これに竹本健治著『匣の中の失楽』(三大奇書の項にて言及されているように異論もあるようだが)を加えたもののことを指す[6]。
引用元:四大奇書 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E5%A4%A7%E5%A5%87%E6%9B%B8

『三国志演義』(さんごくしえんぎ、 繁体字: 三國演義; 簡体字: 三国演义)は、中国の明代に書かれた、後漢末・三国時代(魏、蜀、呉)を舞台とする時代小説・通俗歴史小説である。四大奇書の一つに数えられる。書名については下記。

著者は定説をみず、施耐庵あるいは羅貫中の手によるものと伝えられている。
引用元:三国志演義 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%9B%BD%E5%BF%97%E6%BC%94%E7%BE%A9

『水滸伝』(すいこでん、水滸傳)は、明代の中国で書かれた長編白話小説、『西遊記』『三国志演義』『金瓶梅』とともに「四大奇書」に数えられる[1]。

ウィキソースに水滸傳 (國譯漢文大成)の原文があります。
施耐庵(あるいは羅貫中)が、それまでの講談[注釈 1]を集大成して創作されたとされる[1]。なお、「滸」は「ほとり」の意味であり、『水滸伝』とは「水のほとりの物語」という意味であり、「水のほとり」とは、本拠地である梁山泊を指す。反権力的な傾向であるため、しばしば禁書とされたが広く愛読され、現在も中国で農民革命の文学として高く評価されている[1]。
引用元:水滸伝 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E6%BB%B8%E4%BC%9D

『西遊記』(さいゆうき、繁体字: 西遊記; 簡体字: 西游记; 拼音: Xī Yóu Jì; ウェード式: Hsi-yu chi; 粤拼: sai¹ jau⁴ gei³、タイ語: ไซอิ๋ว、ベトナム語: Tây du ký)は、中国で16世紀の明の時代に大成した白話小説で、唐僧・三蔵法師が白馬・玉龍に乗って三神仙(神通力を持った仙人)、孫悟空、猪八戒、沙悟浄を供に従え、幾多の苦難を乗り越え天竺へ取経を目指す物語、全100回。中国四大奇書に数えられる。 著者は、『淮安府史』(明、天啓年間成立)に、呉承恩(1504年頃 – 1582年頃、江蘇省出身)の著書として「西遊記」という書名が記述されていることから、彼が作者であると20世紀の中国では定説化していたが、後述のように批判的な説が存在し、明確な結論は出ていない。詳しくは後述。
引用元:西遊記 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E9%81%8A%E8%A8%98

『金瓶梅』(きんぺいばい、拼音: Jīn Píng Méi)は、明代の長編小説で、四大奇書の一つ。著者は蘭陵の笑笑生ということになっている。万暦年間(1573年 – 1620年)に成立したと考えられている。序にあるように猥書すなわち官能小説として知られ[1]、しばしば発禁処分をうけた 。タイトルの『金瓶梅』はストーリーの中心となっている3人の女性、潘金蓮、李瓶児、春梅(龐春梅)の名前から1文字ずつ取ったものである。

『金瓶梅』は『水滸伝』の 第二十三話から二十七話までの武松のエピソードを拡張し、詳細にしたものであり、『水滸伝』からのスピンオフ作品である。
引用元:金瓶梅 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E7%93%B6%E6%A2%85