従事【パナマ】青山士

スエズ運河を建設した
フランスの外交官は◯◯◯◯◯?
◯を答えなさい
レセップス(答)
55%


パナマ運河の建設作業に日本人として唯一参加した人物
青山士
あおやまあきら(答)


2016年6月に拡張工事を終えて
従来の約3倍の積載量の船が
航行できるようになったのは
スエズ運河である
×(答)
◯パナマ運河
48%


パナマ運河を中立化し、アメリカ
がその管理権を獲得するという
内容の1901年に調印された条約は
ヘイ・○○○○○○○条約?
ポーフストンォ
ポンスフォート(答)
「ヘイ・ポンスフォート条約」
Hay‐Pauncefote Treaty

◯×
スエズ運河とパナマ運河先に開通したのはスエズ運河である
◯(答)1869
×パナマ運河1914



次の国際運河を
北にあるものから
順に選びなさい
キール運河
スエズ運河
パナマ運河


トルクメニスタンにある世界
最大の灌漑用運河で、アラル海
の枯渇の原因となっているのは
◯◯◯◯◯運河?
ツカソバク
ムーヤナラ
カラクーム(答)
引用元:「パナマ運河」2016拡張完了 https://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/36460/

フェルディナン・マリ・ヴィコント・ド・レセップス(Ferdinand Marie Vicomte de Lesseps、1805年11月19日 – 1894年12月7日)は、フランスの外交官、実業家。スエズ運河を建設したことで知られている。

晩年はパナマ運河開発に取り組み、1881年パナマ運河会社社長に就任。しかし黄熱病が猛威を振るうパナマでの工事は困難を極め、加えて経営の乱脈のため世評が悪化し、資金募集に行き詰まった。新法律の制定で認められた富くじ付き債券を発行して募集につとめたが、会社が1889年に破産。史上有名なパナマ疑獄事件が起こる。彼は背任と詐欺のかどで禁固5年を宣告され、上告の結果、1893年最高法廷で無罪判決を勝ち取った。しかし、この事件に巻き込まれ名声を失ったのと、彼自身の精神の病とが原因となり、1894年に失意のまま死去した。
引用元:フェルディナン・ド・レセップス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B9

レセップス
フランスの外交官、実業家で、1869年にスエズ運河を完成させ、パナマ運河の計画もたてる。

 19世紀のフランス外交官、実業家で、1869年にスエズ運河を完成させた。さらに1880年からパナマ運河開鑿の事業を開始したが、こちらは資金難に陥り、失敗した。
引用元:レセップス https://www.y-history.net/appendix/wh1202-067.html

スエズ運河(スエズうんが、قناة السويس qanāt as-suwēs)は、地中海と紅海をスエズ地峡で結び、アフリカとアジアを分断するエジプトの人工海面水路である。1859年から1869年にかけてスエズ運河会社によって建設され、1869年11月17日に正式に開通した。スエズ運河は、地中海と紅海を経由して北大西洋と北インド洋を結ぶ水路で、アフリカ大陸を回らずにヨーロッパとアジアを海運で連結することができる。例えばアラビア海からロンドンまでの航行距離を約8,900km短縮する。2012年には、17,225隻(1日平均47隻)の船舶が運河を通過した。運河は北端のポートサイドと南端のスエズ市タウフィーク港を結び、中間点より北に3キロメートルの運河西岸にはイスマイリアがある[2]。
引用元:スエズ運河 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%A8%E3%82%BA%E9%81%8B%E6%B2%B3

パナマ運河(パナマうんが、スペイン語: Canal de Panamá 、英語: Panama Canal)は、中米にあるパナマ共和国のパナマ地峡を開削して太平洋と大西洋[1](直接にはその縁海であるカリブ海)を結んでいる閘門式運河である。

パナマ運河の位置を示す衛星画像。密林は緑色で可視化されている。
パナマ運河の規模は全長約80キロメートル、最小幅91メートル、最大幅200メートル、深さは一番浅い場所で12.5メートルである。マゼラン海峡やドレーク海峡を回り込まずにアメリカ大陸東海岸と西海岸を海運で行き来できる。スエズ運河を拓いたフェルディナン・ド・レセップスの手で開発に着手したものの、難工事とマラリアの蔓延により放棄。その後、パナマ運河地帯としてアメリカ合衆国によって建設が進められ、10年の歳月をかけて1914年に開通した。長らくアメリカによる管理が続いてきたが、1999年12月31日正午をもってパナマに完全返還された。

現在はパナマ運河庁(ACP)が管理し、通航料を徴収している[1]。国際運河であり、船籍・軍民を問わず通航が保証されている。
引用元:パナマ運河 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%8A%E3%83%9E%E9%81%8B%E6%B2%B3

青山 士(あおやま あきら、1878年9月23日 – 1963年3月21日)は、日本の土木技師、内務官僚。位階は従三位。勲等は勲三等。公益社団法人土木学会名誉会員。

ニューヨークセントラル・アンド・ハドソンリバー鉄道、パナマ運河工事委員会での勤務を経て内務技師となり、新潟土木出張所所長、内務省内務技監、社団法人土木学会会長などを歴任した。

パナマ運河
パナマ運河は19世紀末にフランスが開削を試みたものの失敗し、アメリカ合衆国が建設に乗り出そうとしていた。1903年7月に大学を卒業した青山は、広井勇の紹介状を携えて単身渡米[1][2][3]。広井の紹介状の宛先はコロンビア大学教授W. H. バー(William Hubert Burr)で[4][6]、バーは米国政府のパナマ運河工事委員会(Isthmian Canal Commission)の委員でもあった[4][5]。パナマ運河の工事再開を待ちながら、バーの紹介で鉄道会社に測量員として勤務し、測量の腕を磨きながら英語で仕事をする環境に適応[5]。1904年6月よりパナマ運河工事委員会に採用され、パナマ運河開削工事に従事する[2][6]。青山は、パナマ運河建設に携わった唯一の日本人である[1][5]。
引用元:青山士 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E5%B1%B1%E5%A3%AB

キール運河(キールうんが、ドイツ語:Kiel‐Kanal)は、ユトランド半島を根元のドイツ北部シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州で横断し、北海とバルト海を繋ぐ運河。正式名称は北海バルト海運河(Nord‐Ostsee‐Kanal)。

長さ98 km、幅102 m、水深11 mである。北海とバルト海の海面の間に高度差は少ないが、潮の満ち干に対応するための閘門(こうもん)が運河の両端にある。
引用元:キール運河 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%81%8B%E6%B2%B3

On 3rd June 1887 the Emperor Wilhelm I. laid the foundation stone in Holtenau near Kiel. It took eight years to build the Kiel-Canal. Up to 8.900 workers were employed in the project, with comparatively well-developed technology such as dredgers and railways they had to struggle with terrain, rivers and ground water as the canal’s route brings it to areas 25m above sea level, but also others 3m below.
引用元:History | UCA – United Canal Agency GmbH https://www.kiel-canal.de/history/