【批准】条約への国家の最終的同意

次の戦争とその講和条約の
正しい組み合わせを選びなさい
クリミア戦争─1856年のパリ条約
アメリカ独立戦争─1783年のパリ条約
米西戦争─1898年のパリ条約
七年戦争─1763年のパリ条約
32%

ウンキャル・スケレッシ条約
サン・ステファノ条約
アドリアノープル条約
セーブル条約
オーストリア
オスマン帝国(答)
神聖ローマ帝国
プロイセン
45%


次の第一次世界大戦の敗戦国とその国が結んだ講和条約の正しい組み合わせを選びなさい
セーブル条約───オスマン帝国
ベルサイユ条約───ドイツ
サン・ジェルマン条約───オーストリア
ヌイイ条約───ブルガリア

1919年にヌイイ条約を
結んだのは連合国とどこの国?
(画像出題)
ブルガリアをタッチ(答)
36%

1919年にトリアノン条約を
結んだのは連合国とどこの国?
(画像出題)
ハンガリーをタッチ(答)
18%

次の講和条約を
その原因となった出来事ごとに
グループ分けしなさい
【フランク王国分割】ヴェルダン条約
【七年戦争】フベルトゥスブルク条約
【第一次世界大戦】ヌイイ条約
引用元:【ヴェルサイユ】ドイツ【トリアノン】ハンガリー https://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/51862/

アヘン戦争後の1844年に
清が結ばされた不平等条約のうち
アメリカと締結したのは
望厦条約ですが

フランスと締結したのは?
望厦約条北
京埔南天黄
黄埔条約(答)
43%


中国の清が
19世紀に結んだ
次の条約を
古い順に選びなさい
南京条約
天津条約
北京条約
46%

096hbazdGvhlr
中国の清が
19世紀に結んだ
次の条約を
古い順に選びなさい
天津条約
北京条約
下関条約
引用元:【英】南京条約【米】望厦条約 https://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/52939/

次の18世紀から19世紀にかけて
ロシア帝国とオスマン帝国の
間で締結された条約を
古い順に選びなさい
キュチュク・カイナルジ条約
ヤシ条約
アドリアノープル条約
サン・ステファノ条約
ベルリン条約
34%

557WuwuqCTaTs
次の文字列を組み合わせて
世界史上に残る有名な
条約の名前にしなさい
サン───ステファノ条約
カンポ───フォルミオ条約
キュチュク───カイナルジ条約
ブレスト───リトフスク条約
カトー───カンブレジ条約
引用元:海峡通行権【キュチュク=カイナルジ条約】クリミア半島領有【ヤシ条約】 https://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/55763/

073gwTKcHJ
843年にフランク王国を
3つに分割した条約は
◯◯◯◯◯条約?
◯を答えなさい
ヴェルダン(答)
「ヴェルダン条約」
48%
引用元:【フランク王国分割】ヴェルダン条約【七年戦争】フベルトゥスブルク条約 https://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/47952/

パリ条約(パリじょうやく、英語: Treaty of Paris、フランス語: Traité de Paris)は、ヨーロッパの七年戦争と北アメリカ大陸のフレンチ・インディアン戦争[1]とインドのカーナティック戦争などの講和条約。1763年2月10日にイギリス、フランス、スペインの間で締結され、欧州外での覇権は(西欧諸国の中では)イギリスが握る時代の幕開けとなった[2]。
引用元:パリ条約 (1763年) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AA%E6%9D%A1%E7%B4%84_(1763%E5%B9%B4)

フレンチ=インディアン戦争
1754~63年、七年戦争と同時に展開された北米大陸でのイギリスとフランスの戦争。イギリスが勝利し北米大陸植民地を拡大した。

 ヨーロッパでの七年戦争(1756~)とほぼ同じ時期の、1754年~63年まで、アメリカ大陸でのイギリスとフランスの戦争。「フランスおよびインディアンとの戦争」ともいう。フランス軍が、インディアン諸部族と結んで、イギリス植民地軍を攻撃したので、イギリス側でこのように呼ばれる。17世紀末から繰り返された、英仏植民地戦争(第2次英仏百年戦争)の最後のものであった。
引用元:フレンチ=インディアン戦争 https://www.y-history.net/appendix/wh1002-064.html

パリ条約(1783年)(パリじょうやく、英: Treaty of Paris 仏: Traité de Paris )は、1783年にアメリカ独立戦争を終結させた講和条約の1つ。アメリカ合衆国とイギリスの間で結ばれた。
引用元:パリ条約 (1783年) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AA%E6%9D%A1%E7%B4%84_(1783%E5%B9%B4)

アメリカ独立戦争
1775年に始まったアメリカ植民地のイギリスからの独立の戦い。1776年、アメリカ合衆国が独立宣言。フランスの支援などもあって独立軍が勝利し、1783年、パリ条約で独立が承認された。

 アメリカ独立戦争は、イギリスの13植民地が本国に対して起こした戦いであり、アメリカ合衆国を成立させた戦争であり、同時に市民社会を成立させたブルジョワ革命であることからアメリカ独立革命ともいわれる。
 1775年4月のボストン郊外のレキシントンでの植民地軍とイギリス本国軍の衝突に始まり、1781年10月のヨークタウンの戦いでのアメリカ軍の勝利によて事実上戦闘が終わり、1783年9月のパリ条約で終結するまでの約8年間にわたって続けられた。
引用元:アメリカ独立戦争/フランスの参戦 https://www.y-history.net/appendix/wh1102-018.html

パリ条約(パリじょうやく)は、1856年にパリで開かれたクリミア戦争の講和会議で締結された条約。締結国はイギリス、フランス、オーストリア、プロイセン、サルデーニャ、オスマン帝国、ロシアの7カ国[1][2]。
引用元:パリ条約 (1856年) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AA%E6%9D%A1%E7%B4%84_(1856%E5%B9%B4)

クリミア戦争
1853~56年、ロシアが南下政策を積極化させ、オスマン帝国に宣戦したことに対し、イギリスとフランス及びサルデーニャがオスマン帝国を支援して列強間の戦争となった。ロシアが敗北し、パリ条約で講和、オスマン帝国の領土は保全され、ロシアのバルカン方面での南下はいったん抑えられた。戦後にロシアはアレクサンドル2世による近代化改革を行う。
引用元:クリミア戦争 https://www.y-history.net/appendix/wh1202-009.html

パリ条約(パリじょうやく)は、1898年12月10日にアメリカ合衆国とスペインの間で調印された米西戦争の平和条約。
引用元:パリ条約 (1898年) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AA%E6%9D%A1%E7%B4%84_(1898%E5%B9%B4)

米西戦争/アメリカ=スペイン戦争
1898年のキューバをめぐるアメリカとスペインの帝国主義戦争。アメリカがキューバを実質的支配下におき、太平洋などでも領土を獲得し、帝国主義国家への転換を明確にした。一方、スペインの植民地帝国の時代が完全に終わるという世界史的な転換点でもあり、スペイン国内にも深刻な影響を及ぼした。またアメリカのフィリピン植民地化はアジア情勢の大きな変化を意味していた。
引用元:米西戦争/アメリカ=スペイン戦争 https://www.y-history.net/appendix/wh1401-128.html

批准(ひじゅん、英: ratification)は、国家が条約に拘束されることに同意する手続きのひとつである。通常は議会の同意を得て元首等が裁可あるいは認証、公布等を行うことにより国内において成立し、多国間条約においては国際機関等の寄託者[1]に批准書を寄託すること等により、また、二国間条約においては締約国間で批准書を交換すること等により[2]、確定する[3]。
引用元:批准 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%B9%E5%87%86