【ローラン】デュランダル

11世紀にフランスで成立した
叙事詩『ローランの歌』で
シャルルマーニュが持つ
黄金の剣の名前は?
カョンユナト
アリュダイズ
ブロワールグ
ジョワユーズ(答)
25%


小説『撲殺天使ドクロちゃん』に
登場するサバトちゃんが持つ
超電磁スタンガンの名前は?
ドルテリンダゥ
ドゥリンダルテ(答)
42%
引用元:ドゥリンダルテ https://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/37151/

ジョワユーズ[1][2](フランス語: Joyeuse)は、中世フランスのシャルルマーニュ伝説でシャルルマーニュが所持していたとされる剣。その名前はフランス語で「陽気」を意味する[3][4]。ジュワユーズ、ジュワイユーズなどとカナ転写されることもある。

いくつかの伝説によると、柄頭(pommel)には聖槍が埋め込まれていたらしい。またある伝説によると、ジョワユーズはおそらくローランの剣デュランダルや、オジェ・ル・ダノワの剣カーテナと同じ材料から鍛えられたとされている。[5]。
引用元:ジョワユーズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%AF%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%BA

『ローランの歌』((ローランのうた)または『ロランの歌』、仏: La Chanson de Roland)は、11世紀成立の古フランス語叙事詩(武勲詩)である。

概要
『ローランの歌』は、シャルルマーニュの甥であるローランを称える、約4000行の韻文十音綴から成る叙事詩である。ノルマンディ地方で用いられたアングロ=ノルマン方言の、古フランス語を用いて書かれている。レコンキスタの初期の戦いともいえる、シャルルマーニュ率いるフランク王国とイベリア半島のイスラム帝国の戦い(ロンスヴォーの戦い)を描いた物語である。成立年は諸説があるが、11世紀末ごろとされている。現存する最も古いものは、1170年ごろに書かれたオクスフォード写本である。写本は、オクスフォード本以外にも14世紀ごろのフランコ・プロヴァンサル語のヴェニス本、12世紀前半のドイツ語のコンラッド本など、複数のものが存在している[1]。一定でない長さのスタンザ(節)で書かれ、類韻と呼ばれる、母音だけの押韻でつながれている。この技巧的な表現を、他言語で効果的に再現するのは不可能で、現代の英語訳の翻訳者も、ほぼ一番近いと思える同義語を当てはめている[2]。
引用元:ローランの歌 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%AD%8C

デュランダル(Durandal)は、フランスの叙事詩『ローランの歌』に登場する英雄・ローランが持つ聖剣。イタリア語読みでドゥリンダナ(Durindana)とも読まれ、デュランダーナとも呼ばれる。

フランス語で「強き/長久の刀剣」の意という解釈もみられるが、ケルト語解釈、アラビア語解釈等、学界には諸説ある。
引用元:デュランダル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%AB

アロンダイト(英語: Aroundight[1], Aroundyȝt[2]伊語:Altachiara)は、中世イギリスの騎士道物語詩に登場する剣。

概要
俗にアーサー王物語に登場する騎士ランスロットの剣とされているが、『ブリタニア列王史』(12世紀中頃)や『アーサー王の死』(15世紀後半)などの、いわゆる「アーサー王伝説に属する作品」には登場していない。

初めてその名が登場するのは、14世紀初頭の中英語詩『ハンプトンのビーヴェス卿(ビーヴィス卿)(英語版)』の異本(ケンブリッジ大学キーズ学寮蔵 175 写本など)である。アロンダイトはこの詩の中でビーヴェス卿の息子ガイ卿の剣として登場するが、同時に「元々はランスロットの剣であった」という故事が語られている[1][注 1][注 2]。
引用元:アロンダイト – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%88