学として現れるであろうあらゆる将来の形而上学のための

形而上学の序論として書かれた
ドイツの哲学者カントの著書
プロレゴメナ(答)
9%

『学として現れるであろうあらゆる将来の形而上学のためのプロレゴメナ』(Prolegomena zu einer jeden künftigen Metaphysik, die als Wissenschaft wird auftreten können)は、イマヌエル・カントによって1783年に出版された彼の理論哲学についての入門的な注釈書である。通常は『プロレゴメナ』『プロレゴーメナ』などと略して呼ばれる。

概要
カントの『純粋理性批判』は、1781年にその第一版が出版された。しかし、その内容は難解であったため、多くの批判にさらされていた。そこでカントは、自分の著書がより広く受け入れられるように、また自身の理性批判に基づく形而上学の序論として、『プロレゴメナ』を著した。

構成
プロレゴメナとは、ギリシャ語に由来するProlegomenonの複数形で、序文、緒言、序論などを意味する。
引用元:学として現れるであろうあらゆる将来の形而上学のためのプロレゴメナ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%A6%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E7%8F%BE%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%A7%E3%81%82%E3%82%8D%E3%81%86%E3%81%82%E3%82%89%E3%82%86%E3%82%8B%E5%B0%86%E6%9D%A5%E3%81%AE%E5%BD%A2%E8%80%8C%E4%B8%8A%E5%AD%A6%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%AC%E3%82%B4%E3%83%A1%E3%83%8A

イマヌエル・カント(Immanuel Kantドイツ語: [ɪˈmaːnu̯eːl ˈkant, -nu̯ɛl -]、1724年4月22日 – 1804年2月12日)は、プロイセン王国(ドイツ)の哲学者であり、ケーニヒスベルク大学の哲学教授である。

『純粋理性批判』、『実践理性批判』、『判断力批判』の三批判書を発表し、批判哲学を提唱して、認識論における、いわゆる「コペルニクス的転回」をもたらした。フィヒテ、シェリング、そしてヘーゲルへと続くドイツ古典主義哲学(ドイツ観念論哲学)の祖とされる。
引用元:イマヌエル・カント – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%8C%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%88

『純粋理性批判』(じゅんすいりせいひはん、独: Kritik der reinen Vernunft) は、ドイツの哲学者イマヌエル・カントの主著である。1781年に第一版が、1787年には大幅に手を加えられた第二版が出版された(一般に前者をA版、後者をB版と称する)。カントの三大批判の一つで、1788年刊の『実践理性批判』(第二批判)、1790年刊の『判断力批判』(第三批判)に対して、第一批判とも呼ばれる。人間理性の抱える諸問題についての古典的名著であり、ライプニッツなどの存在論的形而上学と、ヒュームの認識論的懐疑論の両方を継承し、かつ批判的に乗り越えた、西洋哲学史上最も重要な書物のひとつである。
引用元:純粋理性批判 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%94%E7%B2%8B%E7%90%86%E6%80%A7%E6%89%B9%E5%88%A4