資本主義と分裂症

次のうち、共著によって
『アンチ・オイディプス』など
を世に送り出した思想家を
1つ選びなさい
ジャン=ポール・サルトル
ミシェル・フーコー
ジュリア・クリステヴァ
ジャック・ラカン
ジル・ドゥルーズ(答)
フェリックス・ガタリ(答)
40%


フェリックス・ガタリとの共著
『アンチ・オイディプス』や
『千のプラトー』で有名な
フランスの哲学者は?
ジャック・デリダ
メルロ・ポンティ
ジル・ドゥルーズ(答)
ジャン・ボードリヤール
52%
引用元:ジル・ドゥルーズ『アンチ・オイディプス』『千のプラトー』 https://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/37119/

次のうち、アメリカの哲学者を
全て選びなさい
フェリックス・ガタリ【仏】
チャールズ・パース(答)
ジル・ドゥルーズ【仏】
トマス・クーン(答)
28%


次のうち、アメリカの哲学者を
全て選びなさい
カール・ヤスパース ドイツ
トマス・クーン(答)
ボードリヤール フランス
ジョン・デューイ(答)
チャールズ・パース(答)
ポール・ベナセラフ(答)
フェリックス・ガタリ フランス
ジャック・デリダ フランス
ハーバーマス ドイツ
28%
引用元:トマス・クーン、ジョン・デューイ、チャールズ・パース、ポール・ベナセラフ https://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/38578/

『アンチ・オイディプス』(英語: Anti-Oedipus、反エディプス)は、1972年に哲学者ジル・ドゥルーズと精神分析家フェリックス・ガタリによって発表された著作であり、また『資本主義と分裂症』のシリーズの第1巻である。この著作は、人類学から派生して研究されていた構造主義を踏まえつつ、精神科医のジークムント・フロイトにより主張されていた学説に対して批判を加える哲学的な研究であった。ドゥルーズとガタリは、1968年にフランスで五月革命が発生した後に出会い、この著作をはじめとして『千のプラトー』、『カフカ』、『哲学とはなにか』を共著で発表している。それまで、ドゥルーズは西欧で前提とされてきた形而上学を批判し、ガタリは従来の精神医学の革新を主張していた。この著作では、人間の精神、経済活動、社会、歴史などさまざまな主題を扱っており、全体としては4部から構成されている。
引用元:アンチ・オイディプス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%97%E3%82%B9

ジル・ドゥルーズ(Gilles Deleuze, 1925年1月18日 – 1995年11月4日[1])は、フランスの哲学者。パリ第8大学で哲学の教授を務めた。20世紀のフランス現代哲学を代表する哲学者の一人であり、ジャック・デリダなどとともにポスト構造主義の時代を代表する哲学者とされる[2]。ただし、同時代のあらゆる哲学者にとって他称でしかない「ポスト構造主義」というカテゴライズについて、ドゥルーズ本人は否定している(本頁「哲学史上の意義」の節を参照)。
引用元:ジル・ドゥルーズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BA

ピエール=フェリックス・ガタリ(Pierre-Félix Guattari、1930年4月30日 – 1992年8月29日)は、フランスの哲学者、精神分析家。精神科医ではない。
引用元:フェリックス・ガタリ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%82%BF%E3%83%AA

器官なき身体(きかんなきしんたい)とはジル・ドゥルーズとフェリックス・ガタリがアントナン・アルトーの言葉をもとに自らの哲学的概念として展開した概念である。

全体に対して部分の持つ自由さが顕揚される。器官とは、機能に基づく生命維持のための有機体の一部分であるが(モル的)、同時に有機体としてではなく無意識における部分対象としてまったく別次元の存在(分子的)ともなる。

身体には有機体的サイクルとは別個の欲望する身体とでもいうべき「器官なき身体」が存在し、それにとって個体の生存を維持する諸器官は必要とされない。植物における成長サイクルと生殖サイクルをたとえにすれば、人間にとっては生殖器という器官は性行動にとって結果として使われるものに過ぎず、五感、全身を使って生殖活動があらゆる社交活動、創造活動へと広がってゆく。
引用元:器官なき身体 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%99%A8%E5%AE%98%E3%81%AA%E3%81%8D%E8%BA%AB%E4%BD%93