【ハノーヴァー朝】ジョージ1世

エリザベス1世の次の王
ステュアート朝の国王
母はメアリー
ガイ・フォークス暗殺未遂事件
ジョージ1世
リチャード1世
ジェームズ1世(答)
ヘンリー7世
39%


ジェームズ1世の暗殺を謀ったイギリス人で男性を指す「ガイ」という言葉の元となったのは?
ガイ・フォークス(答)

17世紀初め、イギリスのステュアート朝初代国王。スコットランド王を兼ね同君王国を形成した。王権神授説を掲げて絶対王政を展開し、議会と対立した。

 イギリスのステュアート朝初代のイギリス王(在位1603~25年)。スコットランド王としてジェームズ6世と称していたが、テューダー朝のエリザベス1世(女王)が後継者なく死去した際、後継のイギリス王(厳密にはイングランド王とスコットランド王を兼ねる)として迎えられた。その母のスコットランド女王メアリ=ステュアートの祖母がチューダー朝のヘンリ7世の娘であったため、エリザベス女王が次期国王に指名していたのだった。これによってイングランドにステュアート朝が成立し、イングランド王位は16世紀以来アイルランド王位を兼ねていたから、ジェームズ=ステュアートのもとで、歴史上初めてイングランドとスコットランドとアイルランドは、同君連合の形で統合されることとなった。
引用元:ジェームズ1世 https://www.y-history.net/appendix/wh1001-021.html

ジェームズ6世(James VI)およびジェームズ1世(James I)、チャールズ・ジェームズ・ステュアート(Charles James Stuart, 1566年6月19日 – 1625年3月27日)は、スコットランド、イングランド、アイルランドの王。スコットランド王としてはジェームズ6世(在位:1567年7月29日 – 1625年3月27日)であり、イングランド王・アイルランド王としてはジェームズ1世(在位:1603年7月25日 – 1625年3月27日)である。非公式にはグレートブリテン王の称号も用いた。スコットランド女王メアリーと2番目の夫であるダーンリー卿ヘンリー・ステュアートの一人息子である。

イングランドとスコットランドの王位を初めて一身に兼ねた君主であり、また各国との協調政策に尽力し「平和王」とも言われている。この後ヨーロッパで広がる「王権神授説」の基礎を作った。ただ、国王と王妃の出費から財政的には逼迫させ、議会と最終的には対立してしまう[1]。

宗教政策
1604年、ジェームズ1世はイングランドの国教会やピューリタンなど宗教界の代表者たちを招いて会議を行った。この中でジェームズは、カトリックと清教徒の両極を排除することを宣言したが、これによりカトリックとピューリタンの両方から反感を買うことになった。1605年にはガイ・フォークスらカトリック教徒による、国王・重臣らをねらった爆殺未遂事件(火薬陰謀事件)が起こった。なお、1611年に刊行された欽定訳聖書は、ジェームズ1世の命により国教会の典礼で用いるための標準訳として翻訳されたものである(この欽定訳聖書を作るための組織メンバーにランスロット・アンドリューズ(英語版)などがおり、フランシス・ベーコンに代表される科学と宗教の両立的発展があった知的なメンバーの集いにもなった[6])。
引用元:ジェームズ1世 (イングランド王) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%BA1%E4%B8%96_(%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E7%8E%8B)

ステュアート朝
14世紀イギリスの王朝。絶対王政を強めたため議会と対立、ピューリタン革命で倒された。王政復古で復活したが、名誉革命で立憲君主政を受けいれる。

 ステュアート朝は、1371年以来スコットランドの王朝であったが、1603年そのジェームズ6世がイングランド国王を兼ねてジェームズ1世となってから、イングランドの王朝ともなる。絶対王政の強化を図り、ジェントリ層を中心とした議会と対立、1642年にピューリタン革命が起こって倒されるが、1660年に王政復古。名誉革命ではステュアート家のメアリ2世とその夫のオランダ総督ウィリアム3世の共同統治となり、立憲君主体制を受けいれた。その次のアン女王が継嗣がなく死去したので1714年に断絶し、ハノーヴァー朝に交替した。
引用元:ステュアート朝 https://www.y-history.net/appendix/wh1001-022.html

リチャード1世(Richard I, 1157年9月8日 – 1199年4月6日)は、プランタジネット朝(アンジュー朝)第2代のイングランド王(在位:1189年 – 1199年)。ヘンリー2世の三男(第4子)。母はアリエノール・ダキテーヌ。妃はベレンガリア・オブ・ナヴァール(ナバラ王サンチョ6世の娘)。

生涯の大部分を戦闘の中で過ごし、その勇猛さから獅子心王(Richard the Lionheart、フランス語ではCœur de Lion)と称され、中世ヨーロッパにおいて騎士の模範とたたえられたが、10年の在位中イングランドに滞在することわずか6か月で、その統治期間のほとんどは戦争と冒険に明け暮れた[1]。
引用元:リチャード1世 (イングランド王) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%891%E4%B8%96_(%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E7%8E%8B)

プランタジネット朝
1154~1399世紀のイギリス(イングランド)の王朝。フランスのアンジュー伯アンリがイングランド王に即位して始まった。13世紀にマグナカルタの承認、モンフォール議会、模範議会の開催があり、議会制度の萌芽が見られた。14世紀には英仏戦争に突入し、フランス内の領土拡張を目指したが、議会・貴族との対立を深め、ランカスター朝に替わった。
引用元:プランタジネット朝 https://www.y-history.net/appendix/wh0603_2-001.html

ヘンリー7世(Henry VII, 1457年1月28日 – 1509年4月21日)は、テューダー朝初代のイングランド王(在位:1485年8月22日 – 1509年4月21日)およびアイルランド卿。ボズワースの戦いでリチャード3世を破って王位を勝ち取り、戦いで王座を得た最後のイングランド王となった。

ランカスター朝の系統のヘンリー7世は、ヨーク朝のエドワード4世の娘にしてリチャード3世の姪にあたるエリザベス・オブ・ヨークと結婚して王位を固め、薔薇戦争による混乱を解決した。テューダー朝を創立して24年間王位に座り、平和裏に息子ヘンリー8世に王位を継承した。君主の権力を回復し、政治を安定させ、優れた統治、積極的な外交政策と経済運営を行った。一方で、富裕層に対しては不当な手続きによって財産罰を濫発した。

テューダー朝断絶後にイングランド王位を継承したステュアート朝のジェームズ1世は、ヘンリー7世の長女マーガレットの孫であり、そのためヘンリー7世は現在のイギリス王家の祖先にもあたる。
引用元:ヘンリー7世 (イングランド王) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BC7%E4%B8%96_(%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E7%8E%8B)

テューダー朝
イギリス絶対王政全盛期の王朝。ヘンリ8世を経てエリザベス1世まで、ヨーロッパの大国に成長した時期であった。

 1485年、バラ戦争に勝利して即位したヘンリ7世に始まり、ヘンリ8世、エドワード6世、メアリ1世、エリザベス1世と続く、15世紀末から16世紀のイギリスの王朝。特にエリザベス1世時代はイギリス絶対王政の全盛期であり、宗教改革を断行して国教会による教会統制をテコにした強大な王権を持ち、またイギリスが海外に進出しはじめる時代であった。テューダー朝の絶対王政を支えていたのは、農村の地主でジェントリと言われた人びとで、彼等は騎士という称号を持ち、州代表として議会に参加し、また地域では治安判事として王政を支えていた。
引用元:テューダー朝 https://www.y-history.net/appendix/wh0603_2-053.html

ジョージ1世(英語: George I、1660年5月28日 – 1727年6月11日(グレゴリオ暦6月22日[注釈 1]))[2]は、グレートブリテン王国及びアイルランド王国の国王で、ハノーヴァー朝の開祖である[3]。また、神聖ローマ帝国のブラウンシュヴァイク=リューネブルク(ハノーファー)選帝侯でもあり、ドイツ語名をゲオルク・ルートヴィヒ(Georg Ludwig)という。
引用元:ジョージ1世 (イギリス王) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B81%E4%B8%96_(%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E7%8E%8B)

ハノーヴァー朝/ハノーファー
1714年、イギリスのステュアート朝断絶により、ドイツのハノーファー選帝侯を国王に迎えた。国王は政治には関与しない責任内閣制が成立した。1901年からサックス=ゴバーグ=ゴータ朝に代わった。

 1701年、ステュアート朝のウィリアム3世の時に制定された王位継承法に基づいて、1714年にアン女王が継嗣がなく没したとき、ドイツのハノーヴァー選帝侯ジョージがイギリス王ジョージ1世として即位した。ここからハノーヴァー朝(註)という。
引用元:ハノーヴァー朝/ウィンザー朝 https://www.y-history.net/appendix/wh1001-086.html