【信長】平手政秀

主君を諌めるために死ぬこと
諫死
かんし(答)
32%

諫死(読み)カンシ
[名](スル)死んでいさめること。また、死を覚悟していさめること。
出典 小学館デジタル大辞泉
引用元:諫死とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E8%AB%AB%E6%AD%BB-469944

漢字「諫」

部首
言 訁 讠 (げん・ごんべん・ことば)
画数
16画
音読み カン
訓読み いさ(める)
意味 いさめる。人の過ちを正す。
正す。改める。
引用元:「諫」の部首・画数・読み方・筆順・意味など https://kanji.jitenon.jp/kanjie/2264.html?getdata=8aeb&search=contain&how=%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

平手 政秀(ひらて まさひで)は、戦国時代の武将。織田信秀、信長の2代に仕える。尾張国春日井郡にあった志賀城[注釈 1]の城主。

天文3年(1534年)、信長が誕生すると傅役となり、次席家老を務めた。天文16年(1547年)には後見役として信長の初陣を滞りなく済ませるとともに、翌17年(1548年)には争い中であった美濃の斎藤道三との和睦を成立させ、信長と濃姫の婚約を取り纏めた。また安城合戦においては織田信広への援軍を率いた。

信秀が死去して織田家中が不穏となる中で、天文22年閏1月13日(1553年2月25日)に自刃した。享年62。

自刃の理由
『信長公記』の首巻に拠れば、政秀は信長と次第に不和になり、信長の実直でない様を恨んで自刃したとされている。不和の原因を作ったのは政秀の長男・五郎右衛門で、信長が五郎右衛門の持っている馬を所望したとき、五郎右衛門は「自分は馬を必要とする武士だから、(馬を献上するのは)お許しください」と言って拒否したのを信長が逆恨みしたのだとされる[2]。

その他にも以下の説が唱えられている。

信長の奇行を憂い、自身の死で諌めるため – 美談として有名。
信長の弟・信行を家督継承者に推す林秀貞・通具兄弟や信行の後見人である柴田勝家との対立。
引用元:平手政秀 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E6%89%8B%E6%94%BF%E7%A7%80

ティック・クアン・ドック(ベトナム語:Thích Quảng Đức/釋廣德、1897年 – 1963年6月11日)は、ベトナムの僧侶である。

生涯

マルコム・ブラウンが撮影した彼の焼身自殺。同ジャーナリストによる同様の写真がグランプリ受賞
1963年6月11日、当時の南ベトナムのゴ・ディン・ジエム政権が行っていた仏教徒に対する高圧的な政策に抗議するため、サイゴン(現・ホーチミン市)のカンボジア大使館前で自らガソリンをかぶって焼身自殺した。

彼は支援者たちが拝跪する中、燃え上がる炎の中でも蓮華坐を続け、絶命するまでその姿を崩さなかった。その衝撃的な姿がカメラを通じて世界中に放映され、ベトナム国内だけでなく国際世論に大きな影響を与えることとなった。

その他
アメリカのラップ・メタル/ロックバンド、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのデビュー・アルバム、およびシングルカットされた「キリング・イン・ザ・ネーム」のジャケットには、この焼身自殺事件の写真が使われている[4]。
引用元:ティック・クアン・ドック – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%AF

由比 忠之進(ゆい ちゅうのしん、1894年(明治27年)10月11日 – 1967年(昭和42年)11月12日[1])は、日本の弁理士、日本エスペラント学会会員のエスペランティスト、反戦運動家。福岡県志摩郡前原村(現在の糸島市)生まれ[1]。

1967年(昭和42年)11月11日、世界に先駆けてアメリカの北爆支持を表明した佐藤栄作首相の訪米と沖縄返還、小笠原諸島返還問題に対する弱腰な態度への抗議行動として、[3]首相官邸前でガソリンをかぶって焼身自殺を図る。その際に携えていた佐藤栄作宛の抗議書には、「ベトナム民衆の困窮を救う道は、北爆を米国がまず無条件に停止するほかはない。ジョンソン大統領と米国に圧力をかける力を持っているのはアジアでは日本だけなのに、圧力をかけるどころか北爆を支持する首相に深い憤りを覚える。私は本日、公邸前で焼身、死をもって抗議する。戦争当事者、すなわちベトナム、米国人でもない私が焼身することは物笑いの種かもしれないが、真の世界平和とベトナム問題の早期解決を念願する人々が私の死を無駄にしないことを確信する」と結ばれていた。[4][5] 救急搬送されたが翌12日に気道熱傷のため死亡した。佐藤訪米阻止闘争のデモが激しく行われた当日、デモの解散後に単独で決行された抗議行動であった。北爆を支持する日本政府に一般市民が自らの死をもって抗議した行為は、当時の日本社会に大きな衝撃を与えた。
引用元:由比忠之進 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B1%E6%AF%94%E5%BF%A0%E4%B9%8B%E9%80%B2