長岡良子 ながおかながこ 「璽宇教」の教祖

068XvjhlKBZrY
第二次世界大戦におきた
璽宇教の教祖です
長岡良子
ながおかながこ

璽光尊(じこうそん、1903年(明治36年)4月22日[1] – 1983年(昭和58年)8月16日)は、璽宇(じう)の教祖。本名「長岡良子(ながおか ながこ)」。
>1945年(昭和20年)5月25日の東京大空襲で璽宇本部として使用していた峰村邸が焼失したことで、峰村は別荘がある山中湖畔に疎開することになり、璽宇は事実上、長岡が主宰する宗教団体へと変貌していった。このころ名前を「良子(ながこ)」に改名し、長岡 良子(ながおか よしこ)と名乗るようになる。この改名も皇后良子女王にあやかったものと考えられる[1]。
引用元: 璽光尊 – Wikipedia