セバスティアン・「ビスカイノ」 徳川家康や伊達政宗に謁見 スペインの探検家

293IBCIzzaaLl
1611年にサンフランシスコ2世号
で来日して徳川家康や伊達政宗に
謁見したスペインの探検家は
セバスティアン・◯◯◯◯◯?
ゴリカイノ
ビクフャン
ラドスマス
→ビスカイノ

セバスティアン・ビスカイーノ(Sebastián Vizcaíno, 1548年 – 1615年)は、スペインの探検家。
>1611年3月22日にヌエバ・エスパーニャ(現在のメキシコ)のアカプルコを発ち、同年6月10日浦賀に入港[2]、6月22日に江戸城で徳川秀忠に謁見し[3]、8月27日に駿府城で家康に謁見する[4]。しかし第一に通商を望んでいた日本側に対し、エスパーニャ側の前提条件はキリスト教の布教[5]であり、友好については合意したものの、具体的な合意は得られなかった。
家康から日本沿岸の測量についての許可は得られ、11月8日に仙台に着き、11月10日伊達政宗に謁見、11月27日から奥州沿岸の測量を始める。
引用元: セバスティアン・ビスカイノ – Wikipedia.

探検(たんけん、探険)とは、未知の地域へ赴いてそこを調べ、何かを探し出したり明らかにする行為のことであり、一般には危険を伴うものとされる。探険の文字を使う場合、危険を冒すという意味合いが強くなる。踏査、検分などが類義語として挙げられる。
引用元: 探検 – Wikipedia.

「検」は「調べる」という意味、「険」は「険しい。危ない」という意味の漢字です。よって、
1何かの調査で出かけるときは・・・「探検」
2危険を求めて出かけるときは・・・「探険」
を用います。2「探険」は、「冒険」とほぼ同じ意味です。「検査」「危険」という熟語を思い浮かべると、意味の違いがよくわかると思います。
引用元: 「探検」と「探険」はどう使い分けるんですか????「探検」と「探険」はどう使… – Yahoo!知恵袋.