鍵屋の辻の決闘、曾我兄弟の仇討ち、赤穂事件

日本三大仇討ちにも数えられる
1634年の「伊賀越の仇討ち」で
渡辺数馬が荒木又右衛門の力を
借りて討ち取った、弟の仇は?
生合団十助
中村又之太
河川新三郎
河合又五郎(答)
16%

237bbPCvBesYc
劇中の長台詞が俳優の発声練習
に使われていることでも有名な
曽我五郎の仇討ちを描いた
歌舞伎十八番のひとつは何?
手本売
外郎帳
勧習鑑
外郎売(答)


渡辺数馬
河合又五郎
鍵屋の辻
三十六人斬り
荒木又右衛門(答)

077XJmFflCRiM
奥平源八が父の仇・奥平隼人を
討った、江戸時代の有名な事件は
「◯◯◯坂の仇討ち」?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
じょうるり
「浄瑠璃坂の仇討」

CIMG1112AEoTkVtTjRVj
1701年に父の敵・赤堀源五右衛門
を討ち取った「亀山の仇討ち」で
有名な兄弟は◯◯兄弟?
◯の苗字をひらがなで答えなさい
いしい(答)
石井半蔵・石井源蔵兄弟
引用元:「浄瑠璃坂の仇討ち」奥平源八 「亀山の仇討ち」石井半蔵・石井源蔵 「曾我兄弟の仇討ち」曾我祐成(すけなり)・曾我時致(ときむね)『外郎売』 https://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/3014/

河合又五郎(かわい またごろう、元和元年(1615年) – 寛永11年11月7日(1634年12月26日))は、備前岡山藩士。河合半左衛門の子。名は忠国(ただくに)。

岡山藩主池田忠雄の小姓の渡辺源太夫を斬ったことが岡山藩と旗本の争いになってしまい、源太夫の兄渡辺数馬は荒木又右衛門とともに又五郎の行方を追い、伊賀国鍵屋の辻で決闘になり、又五郎は数馬に討たれた。
引用元:河合又五郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E5%90%88%E5%8F%88%E4%BA%94%E9%83%8E

 数馬は、仇討を遂げるため、姉の夫である荒木又右衛門に助けを求めました。又右衛門は現在の上野市荒木の出身で、彼らの父はともに藤堂家に仕えたこともあり、また又右衛門は柳生流の達人で、義弟数馬とともに仇を探すため旅立つのです。江戸・京都・大坂など東海道を上り下りし、ようやく仇又五郎が奈良にいることをつきとめました。
 そこで、数馬ら一行4人は、伊賀上野城下の入口、鍵屋の辻で、又五郎一行11人に襲いかかり、やっと仇の又五郎を討ちとることができました。寛永 11年11月のことで、早朝から六時間ばかりが経っていました。そしてこの時の死者は、数馬側1名、又五郎側4名であったのです。
引用元:誇張されて伝わる「伊賀越仇討」 https://www.bunka.pref.mie.lg.jp/rekishi/kenshi/asp/arekore/detail.asp?record=11

鍵屋の辻の決闘(かぎやのつじのけっとう)は、寛永11年11月7日(1634年12月26日)に渡辺数馬と荒木又右衛門が数馬の弟の仇である河合又五郎を伊賀国上野の鍵屋の辻(現三重県伊賀市小田町)で討った事件。伊賀越の仇討ちとも言う。曾我兄弟の仇討ちと赤穂浪士の討ち入りに並ぶ日本三大仇討ちの一つ。また、曾我兄弟の仇討ちに代わって浄瑠璃坂の仇討ちを加えて江戸三大仇討ちとすることもある。
引用元:鍵屋の辻の決闘 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8D%B5%E5%B1%8B%E3%81%AE%E8%BE%BB%E3%81%AE%E6%B1%BA%E9%97%98

曾我兄弟の仇討ち(そがきょうだいのあだうち)は、建久4年5月28日(1193年6月28日)、源頼朝が行った富士の巻狩りの際に、曾我祐成と曾我時致の兄弟が父親の仇である工藤祐経を討った事件。赤穂浪士の討ち入りと伊賀越えの仇討ちに並ぶ、日本三大仇討ちの一つである。武士社会において仇討ちの模範とされていた[1]。
引用元:曾我兄弟の仇討ち – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9B%BE%E6%88%91%E5%85%84%E5%BC%9F%E3%81%AE%E4%BB%87%E8%A8%8E%E3%81%A1

赤穂事件(あこうじけん)は、18世紀初頭(江戸時代)の元禄年間に、江戸城・松之大廊下で、高家の吉良上野介(きらこうずけのすけ)義央[注釈 1]に斬りつけたとして、播磨赤穂藩藩主の浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)長矩が切腹に処せられた事件。さらにその後、亡き主君の浅野長矩に代わり、家臣の大石内蔵助良雄以下47人が本所の吉良邸に討ち入り、吉良義央らを討った事件を指すものである(「江戸城での刃傷」と「吉良邸討ち入り」を分けて扱い、後者を『元禄赤穂事件」としている場合もある)。
引用元:赤穂事件 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E7%A9%82%E4%BA%8B%E4%BB%B6