秋浦歌十七首【15】白发三千丈,缘愁似个长,不知明镜里,何处得秋霜

心配事が多いことをさす
「白髪三千丈」という言葉の
元になった詩を書いたのは
李白である
◯(答)
57%


中国人特有の大げさな表現や言い回しのことをある数字を使って何という?
白髪三千丈(答)
はくはつさんぜんじょう

英語で、「くだらない話」や
「ナンセンス」といった意味を
持つ言い回しは?
Hot Air(答)
Cool Air
Smokey Air
Pretty Air

白髪三千丈(はくはつさんぜんじょう)は、唐代の詩人・李白の五言絶句「秋浦歌」第十五首の冒頭の一句。

「縁愁似箇長(うれいによりてかくのごとくながし)」と続き、通常、「積もる愁いに伸びた白髪の長さは、三千丈(約9キロメートル)もあるかのように思われる」と解釈されている。日本においては、この一句のみを取り出して、中国の極端な誇張表現の例だとして、批判的に用いる状況にある。

どうして「三千丈」か
「三千丈」という表現の背景には、作詩上の制約がある。

「白髪三千丈」の平仄について見れば、最初の二字「白髪」が仄仄であり、近体詩の規則によれば、続く二字は平平でなくてはいけない。一方、一~九までの漢数字及び十・百・千・万・億・兆という位数のうち、平声の字は「三」と「千」のみである(京も平であるが、通常使用される位数ではない)。この結果、句頭に「白髪」を示した時点で、次に続く数字はほぼ選択の余地なく「三千」に定まってしまうことになる。[1]また、句末の一字は、仄でなくてはいけないため、ここに長さを示す字を置くとなると、仄声である「寸」、「尺」、「丈」等から選択するしかない。
引用元:白髪三千丈 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E9%AB%AA%E4%B8%89%E5%8D%83%E4%B8%88

白髪三千丈(読み)ハクハツサンゼンジョウ
①〔李白「秋浦歌」〕 愁いのために白髪が非常に長く伸びたこと。
②漢詩文に多い誇張した表現のたとえ。
引用元:白髪三千丈とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E7%99%BD%E9%AB%AA%E4%B8%89%E5%8D%83%E4%B8%88-600440

出典
李白(りはく)詩・秋浦歌(しゅうほノうた)・其十五

意味
大げさな誇張した表現の形容。本来は、憂いが重なって毛髪が白くなったという意味で、日本において、冒頭にあげたような意味に用いられるように変化したものと思われる。「三千丈」は、約九〇〇〇メートル、もちろん、多い、長いということを示す形容で実際の長さをいうのではない。このような表現から、誇張した言い方の代表となったのであろう。
引用元:白髪(はくはつ)三千丈(さんぜんじょう) | 今週のことわざ(三省堂辞書編集部) | 三省堂 ことばのコラム https://dictionary.sanseido-publ.co.jp/column/kotowaza47

秋浦歌十七首 编辑 讨论 上传视频
同义词 秋浦歌一般指秋浦歌十七首
《秋浦歌十七首》是唐代伟大诗人李白的组诗作品。这组诗创作于唐玄宗天宝年间作者再游秋浦(今安徽贵池西)时。全诗内容丰富,情感深厚,运用多种艺术手法,从不同角度歌咏了秋浦的山川风物和民俗风情,同时在歌咏中又或隐或现地流露出忧国伤时和身世悲凉之叹。
作品名称秋浦歌十七首作品别名秋浦歌创作年代盛唐作品出处《全唐诗》文学体裁五言诗作 者李白

其十五
白发三千丈,缘愁似个长⒁。
  不知明镜里,何处得秋霜⒂。

第十五首诗,是组诗中流传最广的一首。“白发三千丈,缘愁似个长?”劈空而来,似大潮奔涌,似火山爆发,骇人心目。单看“白发三千丈”一句,真叫人无法理解:白发怎么能有“三千丈”呢?读到下句“缘愁似个长”,豁然明白,原来“三千丈”的白发是因愁而生,因愁而长。愁生白发,人所共晓,而长达三千丈,该有多少深重的愁思。十个字的千钧重量落在一个“愁”字上。以此写愁,匪夷所思。奇想出奇句,不能不使人惊叹诗人的气魄和笔力。古典诗歌里写愁的取譬很多。宋人罗大经《鹤林玉露》说:“诗家有以山喻愁者,杜少陵云:‘忧端如山来(按:当作“齐终南”),澒洞不可掇’;有以水喻愁者,李颀云:‘请量东海水,看取浅深愁’。”李白独辟蹊径,以“白发三千丈”之长喻愁之深之重。人们不但不会因“三千丈”的无理而见怪诗人,相反会由衷赞赏这出乎常情而又入于人心的奇句,而且感到诗人的长叹疾呼实堪同情。
人看到自己头上生了白发以及白发的长短,是因为照镜而知。首二句暗藏照镜,三四句就明白写出:“不知明镜里,何处得秋霜!”秋霜色白,以代指白发,似重复又非重复,它并具忧伤憔悴的感情色彩,不是白发的“白”字所能兼带。上句的“不知”,不是真不知,不是因“不知”而发出“何处”之问。这两句不是问语,而是愤激语,痛切语。诗眼就在下句的一个“得”字上。如此浓愁,从何而“得”?“得”字直贯到诗人半生中所受到的排挤压抑;所志不遂,因此而愁生白发,鬓染秋霜,亲历亲感,何由不知!李白有“奋其志能,愿为辅弼”的雄心,有使“寰区大定,海县清一”的理想(均见《代寿山答孟少府移文书》),尽管屡遭挫折,未能实现,但他的志向绐终不泯。写这首诗时,他已经五十多岁了,壮志未酬,人已衰老,不能不倍加痛苦。所以揽镜自照,触目惊心,发生“白发三千丈”的孤吟,使天下后世识其悲愤,并以此奇想奇句流传千古,可谓善作不平鸣者了。
引用元:秋浦歌十七首_百度百科 https://baike.baidu.com/item/%E7%A7%8B%E6%B5%A6%E6%AD%8C%E5%8D%81%E4%B8%83%E9%A6%96/2807319?fromtitle=%E7%A7%8B%E6%B5%A6%E6%AD%8C&fromid=4383770