コブラ

次のうち、19世紀前半に
イギリス重商主義の柱だった
「穀物法」の撤廃に貢献した
政治家を全て選びなさい
テュルゴー
ブライト(答)
アダム・スミス
コブデン(答)
46%

141PFAshXt
クリスチャン・ドートルモン
アスガー・ヨルン
カレル・アペル
ピエール・アレシンスキー
ラファエル前派
ブリュッケ
コブラ(答)
バルビゾン派
引用元:「コブラ」西欧現代美術のグループ名「ヨルン」「アペル」「アレシンスキー」ら 各都市の頭文字から https://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/21346/

004FumWohg
アメリカとタイを中心に
行われている、東南アジアで
最大級の合同軍事演習は
◯◯◯ゴールド?
ブウリゴ
クコムラ
コブラ(答)
「コブラゴールド」

CIMG1540SbRijJyaQouo
日本にもテポドン対策として
沖縄基地に配備されている
アメリカ空軍のミサイル追跡用
電子偵察機の名前は?
コークッル
デブスボラ
コブラボール(答)

CIMG5762vZoYEkFAmfRo
1983年に初登場した覆面レスラー
デビュー戦で神輿に担がれ登場
IWGPジュニアの第2代王者
正体はジョージ高野
ザ・コブラ(答)
ケンドー・カシン
獣神サンダー・ライガー
エル・サムライ

CIMG1019mKznLVwfZcHv
かつて覆面レスラー
「ザ・コブラ」として活躍した
元新日本プロレスのレスラーは
高野拳磁である
×(答)
◯「ジョージ高野」

CIMG8918TWnGYnzEiChY
格闘家・三島☆ド根性ノ助が
代表を務める格闘技ジムは
「総合格闘技道場◯◯◯◯」?
会部パンコ
ラダ塾クブ
コブラ会(答)

435LkOvIbOZyq
コブラツイストによく似た
メキシコのプロレス技
ティラブソン(答)

CIMG3843
次の旧ソ連が開発した
対戦車ミサイルと愛称の
正しい組み合わせを選びなさい
9M119───レフレークス
9M114───シュトゥールム
9M111───ファゴート
9M112───コブラ
引用元:「コブラゴールド」東南アジアの合同軍事演習 https://seethefun.net/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/29085/

英国で穀物の輸出入を規制するために制定された法律。起源は中世にあるが,1815年ナポレオン戦争後地主保護のため安価な外国産穀物の輸入を禁じたものが最も有名。これに対して1839年以来コブデン,ブライトら自由貿易論者を中心とする反穀物法同盟が反対運動を展開し,1846年廃止された。
→関連項目グラッドストン|自由貿易主義|ピール|マンチェスター学派|リカード
出典 株式会社平凡社 百科事典マイペディア
引用元:穀物法とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E7%A9%80%E7%89%A9%E6%B3%95-499907

穀物法
1815年、イギリス議会が地主を保護するために制定した穀物の輸入を制限する法律。穀物価格の騰貴を招き、労働者・産業資本家に反対運動が強まり、1846年に廃止される。

 一方、産業革命を経て形成された産業資本家の中には自由貿易主義を主張する声も強くなった。穀物法で輸入が制限されると、貿易も停滞して工業製品(綿織物など)の輸出が阻害されるようになったために産業資本家も強く反発するようになった。穀物法反対の先頭に立ったのが、1838年に結成された反穀物法同盟であった。その中心となったコブデンとブライトはマンチェスターの産業資本家であった。こうして、穀物法は19世紀前半のイギリスの政治的な対立点の一つとなっていった。
 1840年代には物価騰貴・食糧不足は深刻となったため、労働者の中にも政治要求が高まり、1842年にはチャーティスト運動が盛り上がった。さらに1845年にアイルランドでジャガイモ飢饉がおこるなど、深刻な事態が続いたため、ようやく1846年に議会が穀物法の廃止を成立させるに至る。
引用元:穀物法/穀物法廃止 https://www.y-history.net/appendix/wh1201-078_1.html

コブデン

19世紀の前半、イギリスのマンチェスターの産業資本家で、自由貿易を主張し、反穀物法同盟を結成。

 イギリスのマンチェスターで綿工業を営み成功した産業資本家。1838年、ブライトらとともに、穀物法の廃止を求める反穀物法同盟を結成し、時の保守党政権の保護貿易主義に反対し、自由貿易主義への転換を進める運動の指導者となった。41年からは自由党の下院議員となり、1846年に穀物法廃止を実現させた。彼は政治家としてだけではなく、アダム=スミスやリカードなど古典派経済学を学び、それを現実の政策に生かした点で重要である。また平和主義者としても知られ、クリミア戦争やアロー戦争に反対したため、下院議員選挙に落選した。その後、下院議員に復活し、1860年にはナポレオン3世のフランスと交渉し、英仏通商条約の締結に成功、自由貿易の原理を国際的な基本にする道を開いた。
引用元:コブデン https://www.y-history.net/appendix/wh1201-076.html

ブライト
イギリスのマンチェスターの産業資本家で自由貿易主義を主張。

 イギリスのマンチェスターで綿工業を営みながら、自由貿易主義の立場に立ち、1838年にコブデンらとともに穀物法の廃止を求める反穀物法同盟を結成した。43年から自由党員として下院議員に当選、1846年には穀物法廃止を実現させた。その後も自由貿易政策の推進に努め、何度か大臣も務める。1886年、アイルランド自治法案でグラッドストンに反対して自由党を離党した。 
引用元:ブライト https://www.y-history.net/appendix/wh1201-077.html

The Corn Laws were tariffs and other trade restrictions on imported food and grain (“corn”) enforced in the United Kingdom between 1815 and 1846. The word ‘corn’ in British English denotes all cereal grains, including wheat, oats and barley. They were designed to keep grain prices high to favour domestic producers, and represented British mercantilism.[a] The Corn Laws blocked the import of cheap grain, initially by simply forbidding importation below a set price, and later by imposing steep import duties, making it too expensive to import grain from abroad, even when food supplies were short.
引用元:Corn Laws – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Corn_Laws

Richard Cobden (3 June 1804 – 2 April 1865) was an English manufacturer, Radical and Liberal MP, associated with two major free trade campaigns, the Anti-Corn Law League and the Cobden–Chevalier Treaty.
引用元:Richard Cobden – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Richard_Cobden

John Bright (16 November 1811 – 27 March 1889) was a British Radical and Liberal statesman, one of the greatest orators of his generation and a promoter of free trade policies.

A Quaker, Bright is most famous for battling the Corn Laws.
引用元:John Bright – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/John_Bright