Louis Althusser

20世紀に活躍したフランスの
マルクス主義哲学者です
アルチュセール(答)
23%

現代思想を代表するマルクス主義理論家か、妻を殺めた狂気の人か。光と闇の落差がもたらす眩暈のなかに哲学者は姿をくらます。彼にとっては,「行方不明になる」ことが「政治」であった――知られざるアルチュセール(1918―90)の哲学が、「スピノザを読むアルチュセールを読む」というかつてない試みを通して浮かび上がる。
引用元:ルイ・アルチュセール – 岩波書店 https://www.iwanami.co.jp/book/b374923.html

ルイ・ピエール・アルチュセール(Louis Pierre Althusser、1918年10月16日 – 1990年10月22日)は、フランスの哲学者。マルクス主義哲学に関する研究において著名である。

概説
フランス共産党を内部から批判すべく、『マルクスのために』、『資本論を読む』を著し、マルクス研究に科学認識論的な視点(認識論的切断や徴候的読解)を導入した。また、論文「イデオロギーと国家のイデオロギー諸装置」において、呼びかけ=審問(en:Interpellation (philosophy))による主体形成の理論を提案した。

高等師範学校(fr:École normale supérieure (rue d’Ulm — Paris))の教員として、ミシェル・フーコー、ジャック・デリダ、バリバール 、ランシエール、アラン・バディウ、ミシェル・セール、ベルナール=アンリ・レヴィら、20世紀中葉以降に活躍する多くの哲学者を育てた。またアルチュセールの影響は、経済学におけるレギュラシオン理論を筆頭に、ニコス・プーランツァス(政治学)やモーリス・ゴドリエ(人類学)、ピエール・ブルデュー(社会学)など社会科学における広範な領域に及んだ。

1980年、妻のエレーヌを絞殺。精神病のために責任能力なしとされた。
引用元:ルイ・アルチュセール – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%81%E3%83%A5%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%83%AB