【撰者】藤原基経、都良香ら

8~10世紀に書かれた六国史とは
『日本書紀』『続日本書紀』
『日本後紀』『続日本後紀』
『日本三代実録』と何?
『日本宇多天皇実録』
『にほん陽成天皇実録』
『日本文徳天皇実録』(答)
『日本光孝天皇実録』
39%

6.日本文徳天皇実録
にほんもんとくてんのうじつろく

『続日本後紀』のあとを受けて編修された全10巻の勅撰国史。略して『文徳天皇実録』『文徳実録』とも。撰者は藤原基経(ふじわらのもとつね)・都良香(みやこのよしか)ほか。嘉祥3年(850)3月から天安2年(858)8月まで、文徳天皇在位9年間のことが記されています。文徳天皇を継いだ清和天皇の命で編纂が始まり、陽成天皇の元慶3年(879)に完成しました。

編年体で漢文で記されているのは他の勅撰国史と同様ですが、人物の死亡記事のあとに必ずその伝記を付すなど、人間に対する細やかな情も感じられます。『六国史』(1970刊)を著した歴史学者の坂本太郎(1901―87)は、このような文章を書いた撰者を都良香であると推定し、「義理で国史を書いたのでないことはもとより、歴史を織りなす人間のいとなみや心の動きの意義を認め」た良香の学識の深さと人間性の豊かさを高く評価しています。

展示資料は、慶長写本の一つ。紅葉山文庫旧蔵。全5冊。
引用元:6.日本文徳天皇実録 – 歴史と物語:国立公文書館 http://www.archives.go.jp/exhibition/digital/rekishitomonogatari/contents/06.html

『日本文徳天皇実録』(にほんもんとくてんのうじつろく)は、平安時代の日本で編纂された歴史書。六国史の第五にあたり、文徳天皇の代である嘉祥3年(850年)から天安2年(858年)までの8年間を扱う。略して文徳実録ともいう。編年体、漢文、全10巻。

編纂
序文によれば、本書の編纂は清和天皇が貞観13年(871年)、藤原基経、南淵年名、都良香、大江音人らに編纂を命じた。年名と音人(共に877年没)の死後、元慶2年(878年)に菅原是善を加え、基経・良香との3人で翌元慶3年(879年)に完成成立させた。

なお『菅家文章』によれば、菅原是善の子道真が父に代わって序文を執筆したとされている。
引用元:日本文徳天皇実録 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%96%87%E5%BE%B3%E5%A4%A9%E7%9A%87%E5%AE%9F%E9%8C%B2

奈良~平安時代に,政府の修史事業の結果完成した次の6歴史書の総称。『日本書紀』『続日本紀 (しょくにほんぎ) 』『日本後紀』『続日本後紀』『日本文徳天皇実録』『日本三代実録』。政府は引続いて『新国史』を編纂していることから,当時からの呼び名ではない。『新国史』が未完成で流布しなかったため,後世この6書を『六国史』と呼びならわした。文献に出るこの呼び名は,瑞渓周鳳の『善隣国宝記』 (1470) がいちばん古いが,6書を一括して考える見方は,すでに平安時代から存在した。『古事記』『類聚国史』『栄花物語』『大鏡』などの歴史を扱った書物とは異なり,(1) 天皇の命を受け,政府部内に担当部局を設置して編纂した点,(2) 編年体で漢文体をもって記述した点で共通した性格をもっている。以後このような形での歴史の編纂は江戸時代末期まで試みられなかった。明治に入って,1869年政府部内に修史局をおき,三条実万を総裁に任命した目的は,この『六国史』以降の歴史を編修するためであり,これがその後,形を変え『大日本史料』となった。
出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
引用元:六国史とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%85%AD%E5%9B%BD%E5%8F%B2-148956