実朝暗殺、摂家将軍、宮将軍

次のうち
鎌倉幕府の将軍を
全て選びなさい
藤原頼経(答)
藤原頼通
藤原頼嗣(答)
藤原頼長
46%

078gkMtcQNcVV
079jYcGWxwxZo
鎌倉幕府の第4代将軍は
藤原頼経ですが

彼と共に「摂家将軍」と呼ばれる
鎌倉幕府の第5代将軍は
藤原◯◯?
◯の名前をひらがなで答えなさい
よりつぐ
藤原頼嗣
引用元:鎌倉幕府「摂家将軍」藤原頼経・藤原頼嗣 「宮将軍」宗尊親王・惟康親王・久明親王・守邦親王 https://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/7334/

鎌倉将軍一覧(かまくらしょうぐんいちらん)では、鎌倉幕府の征夷大将軍の一覧を示す。

概要
一般的には、征夷大将軍の地位は鎌倉殿(鎌倉幕府の長)の地位を公的に担保するもの、と考えられている。

だが征夷大将軍はもとは源頼朝が鎮守府将軍である奥州藤原氏を凌駕する官職として望んだもので、鎌倉殿の本質的属性ではなかった。実際、2代目鎌倉殿となった源頼家が征夷大将軍職に就いたのは家督相続から3年後であり、源実朝の死後に鎌倉殿となった藤原頼経も征夷大将軍職に就いたのは鎌倉下向から7年後であって(鎌倉幕府公式記録「吾妻鏡」では実朝死去後から北条政子が6年間鎌倉殿だったとしている)、その間は征夷大将軍職が空席であったが、「鎌倉殿」であることは変わらず、特に問題とされなかった。

源実朝が暗殺されたあと頼朝の子孫(源氏将軍)が絶え、京都の朝廷に対抗し、有力御家人たちを抑えられるだけの高貴な血統の出身者が必要とされたことから、初めは摂関家の子弟(摂家将軍)、次いで皇族(宮将軍・親王将軍)が京都から迎えられて将軍職に就いたが、すでに実権は北条氏が握っており、将軍は名目的存在となった。
引用元:鎌倉将軍一覧 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8E%8C%E5%80%89%E5%B0%86%E8%BB%8D%E4%B8%80%E8%A6%A7

摂家将軍(せっけしょうぐん)は、鎌倉幕府将軍のうち、摂家である九条家から迎えられた将軍のこと。源氏将軍が絶えた後を継いだ第4代・藤原頼経と、その嫡男の第5代・藤原頼嗣の2人がこれにあたる。藤原将軍あるいは公卿将軍とも呼ばれる。
引用元:摂家将軍 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%91%82%E5%AE%B6%E5%B0%86%E8%BB%8D

宮将軍(みやしょうぐん)は、鎌倉時代後期に征夷大将軍に任じられた宗尊親王・惟康親王・久明親王・守邦親王の4親王を指す歴史用語。現代では皇族将軍(こうぞくしょうぐん)、親王将軍(しんのうしょうぐん)とも呼ぶ。また彼らを総称して鎌倉宮家(かまくらのみやけ)と表現することもある。

なお、建武の新政期に後醍醐天皇より任じられた護良親王と成良親王も宮将軍と呼ぶことがある。しかし前者の4親王は鎌倉政権の形式上の長で実権を持たないのに対し、後者の2親王は建武政権において短期間ではありながら重要なその一翼を担った実務者だったことが根本的に異なる。
引用元:宮将軍 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E5%B0%86%E8%BB%8D