『笈日記』『葛の松原』『俳諧十論』

江戸時代の俳人・松尾芭蕉の
口述遺書を代筆した
「蕉門十哲」のひとりは?
森川許六
服部嵐雪
向井去来
各務支考(答)
28%

075XBGPXpj
江戸時代の俳人、榎本其角
の有名な句は「◯◯◯
よくぞ男に生まれける」?
ひらがな5文字で答えなさい
ゆうすずみ(答)
「夕涼み よくぞ男に 生まれける」
42%

130fgRHcSk
蕉門十哲の一人に加えられる
こともある江戸時代前期の俳人
服部土芳
はっとりとほう(答)

CIMG4458
次の文字列を組み合わせて
松尾芭蕉が詠んだ俳句にしなさい
春雨や───双葉に萌ゆる 茄子種
春なれや───名もなき山の 薄霞
春風に───吹き出し笑う 花もがな
引用元:其角「夕涼み」よくぞ男に生まれける https://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/18053/

各務 支考(かがみ しこう、寛文5年(1665年) – 享保16年2月7日(1731年3月14日))は、江戸時代前期の俳諧師。蕉門十哲の一人。村瀬吉三郎の子。別号に東華房、西華房、獅子庵などがある。美濃国山県郡北野村西山(現在の岐阜市)出身。

幼少より俳才を発揮し、元禄のころに松尾芭蕉の門下に入る。森川許六とともに論客と知られたが、性格は利己主義的だとして悪評もあった。後年、美濃派の育成に努めた。著書は『笈日記』・『俳諧十論』・『葛の松原』など多数。

生涯[編集]
幼少の頃父を失い、禅刹大智寺に小僧として預けられると、姉の嫁ぎ先 各務甚平の養子となった。

19歳の頃、還俗して京都や伊勢で和漢の学問を修めたのち、26歳にして蕉門に入り、2年後に処女作『葛の松原』を発表。30歳のとき、芭蕉の『続猿蓑』の編集に加わるがその数ヶ月後、芭蕉が病没する。このとき芭蕉の遺書を代筆している。
引用元:各務支考 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%84%E5%8B%99%E6%94%AF%E8%80%83