1901社会民主党、1906日本社会党、1926社会民衆党

1901年に創立された
日本最初の社会主義政党は
社会民衆党である
×(答)
65%

社会民主党(しゃかいみんしゅとう)は、1901年(明治34年)に結成された日本最初の社会主義政党である。政府当局により、即日結社禁止の処分を受けた。

概要
創立者は、片山潜、安部磯雄、木下尚江、幸徳秋水、河上清、西川光二郎の6名で、このうち幸徳を除く5名はキリスト教徒であった。党の幹事は、片山と木下の2名であった。

1901年(明治34年)5月18日結成。

党則[4]の第1条に「我党は社会主義を実行するを以て目的とす」という一文を掲げた。

同時に、「人類同胞主義」、「軍備全廃」、「階級制度全廃」、「土地・資本の公有」、「交通機関の公有」、「公平な財富の分配」、参政権の平等」、「教育の公費負担」の8項目から構成される党の理想と、28項目からなる綱領を含んだ「社会民主党宣言書」を発表し、これが『労働世界』をはじめ『毎日新聞』、『万朝報』、『報知新聞』等に掲載された。

翌5月19日に幹事の木下が結成の届出[5]を提出しようとしたが、警察は20日に木下を神田警察署に呼び出し、「社会民主党は安寧秩序に妨害ありと認むるを以て治安警察法第八条二項に依り其結社を禁止する旨内務大臣より達せられたり。右伝達す」という警視総監安楽兼道の命令書[6]を手渡した。宣言書を掲載した新聞等は発禁になった[7]。
引用元:社会民主党 (日本 1901年) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E6%B0%91%E4%B8%BB%E5%85%9A_(%E6%97%A5%E6%9C%AC_1901%E5%B9%B4)

日本社会党(にほんしゃかいとう、旧字体:日本社會黨[4])は、明治期の政党の一つ。日本で最初の合法社会主義政党である[8][9]。
引用元:日本社会党 (1906年) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E5%85%9A_(1906%E5%B9%B4)

社会民衆党(しゃかいみんしゅうとう)は、1926年(大正15年)12月5日に結成された日本の無産政党。

概要
1926年(大正15年)12月5日[5]、共産派に対する門戸開放の是非をめぐって労働農民党(1926年3月結成)を脱退した松岡駒吉や西尾末広ら右派の立場をとる総同盟幹部と、安部磯雄・堀江帰一・吉野作造らが合流して結成。中央執行委員会議長にはユニテリアン教会の伝道団体・統一基督教弘道会会長の安部磯雄を選出したが[6]。その背景にはこの頃から顕著になりつつあったユニテリアン協会・惟一館(ユニテリアン)の社会運動進出があった。書記長は片山哲が務めた[7]。
引用元:社会民衆党 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E6%B0%91%E8%A1%86%E5%85%9A