ドイツ革命【ワイマール共和国】

次のヨーロッパで
起きた革命を
古い順に選びなさい
フランス革命
ロシア革命
ドイツ革命
49%

フランス革命
1789年にフランスで勃発した、ブルボン絶対王政を倒した市民革命。封建的特権の廃止、人権宣言、王政廃止、憲法制定などを実現、共和政を実現した。王政とそれを支えた貴族階級に代わりブルジョワ階級が権力をにぎったが、革命の過程で急進派と穏健派が分裂、ロベスピエールによる恐怖政治が行われ、周辺の君主制国家からの介入もあって革命政権は動揺し、1799年にナポレオンの軍事独裁政府が成立した。革命は長期にわたり複雑な経緯を経たが、基本的にはアメリカ独立革命・並行して展開されたイギリスの産業革命とともに市民社会への移行、つまり近代の出発点としての重要な歴史的画期となった。
引用元:フランス革命 https://www.y-history.net/appendix/wh1103_1-013_1.html

20世紀世界史において最も巨大な意義をもった社会変革。マルクス主義者をユーラシア大陸に広がる大国の権力の座につけ,社会主義の名のもとに新しい社会体制をつくり出す一方,反資本主義,反帝国主義の革命運動を全世界に拡大する火元を生み,世界史に革新的な作用を及ぼした。 革命は大きく分けて,1905年の革命(第1次革命)と17年の革命から成り,後者はさらに〈二月革命〉と〈十月革命〉に区分される。この〈十月革命〉は,ロシア革命の全過程の中で最も重要な局面を構成し,マルクス主義にもとづく社会主義社会の実現を目ざす政権を,人類史上初めて誕生させたことで知られる。
引用元:ロシア革命(ロシアかくめい)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E9%9D%A9%E5%91%BD-152771

ドイツ革命
大戦末期の1918年11月、キール軍港の水兵反乱を機に兵士・労働者が蜂起し、皇帝が退位しドイツ共和国臨時政府が成立した。社会民主党左派のスパルタクス団はドイツ共産党と改称し、一気に社会主義革命への転換を図って蜂起したが、19年1月、社会民主党の握る臨時政府によって弾圧され失敗に終わり、同年2月に穏健な議会制と資本主義経済をかかげるヴァイマル共和国が成立した。

 第一次世界大戦の末期の1918年10月、ドイツ海軍が無謀な出撃命令を拒否して、キール軍港の水兵反乱が起きると、その動きはたちまちに全国に広がり、各地で労働者と兵士が連帯して労兵評議会(レーテ)が結成された。ベルリンでは11月9日にそれまで戦争に協力してきたドイツ社会民主党も戦争中止と、皇帝の退位を認めざるを無くなりヴィルヘルム2世はオランダに亡命して、ドイツの帝政は崩壊した。同日、社会民主党のエーベルトを首相とする政府が成立し、「ドイツ共和国」が発足した。こうして第一次世界大戦はドイツが敗北して終わり、ドイツ第二帝国は崩壊しドイツ共和国が成立した。
引用元:ドイツ革命 https://www.y-history.net/appendix/wh1501-066.html