【祖父】ブーリ【父】ボル【妻】フリッグ

北欧神話に登場する主神
オーディンの父の名前は?
ベストラ

ブーリ
エンブラ
ボル(答)
アスケ
42%

連想
北欧神話
光の神
角笛ギャラルホルンの持ち主
アスガルドの見張り番
ヘイムダル(答)

スロット
北欧神話において人間の国とアースガルズを繋(つな)ぐ虹の橋ビフレストのたもとで見張り番をしている神は?
ヘイムダル(答)


北欧神話で神々が住むアスガルド
と人間の住むミッドガルドを結ぶ
虹の橋のことを何という?
ユェグラト
ビグンニン
フンレスナ
ビフレスト(答)


1999年放送のロボットアニメ
監督は大張正己 (おおばり・まさみ)
米軍兵士養成機関IMO
主人公は哉生優 (かなせ・ゆう)
『銀装騎攻オーディアン』(答)
『超重神グラヴィオン』
『GEAR戦士雷童』
『地球防衛企業ダイ・ガード』


北欧神話に登場する
人類最初の男性といえば
アスケですが
人類最初の女性といえば誰?
シズン
シヴ
アスケ
エンブラ(答)


次の北欧神話の世界樹ユグドラシルの
上部に位置するものから
順に選びなさい
アースガルズ
ミズガルズ
ヘルヘイム
引用元:「フリッグ」フィヨルギンの娘、オーディンの妻 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/34808/

漫画『魔探偵ロキ』で
ロキが使用する魔法の杖
レイヴァテイン(答)
25%


北欧神話
大地の女神フィヨルギンの妻
ルーン文字の呪力を解く唯一の神
最高神オーディンの妻
フェンリル
ヘイムダル
バルドル
フリッグ(答)
フレイヤ(トーナメントでの出題肢)


「やくしまるえつこ」メトロ
オーケストラ」が歌った
2011年放送のTVアニメ『輪る
ピングドラム』の主題歌は?
ルノルニ
ノルニル(答)
ノルンの複数形由来?
引用元:【破滅の枝】Lævateinn | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/51075/

ボル[1]またはブル[2](古ノルド語: Borr または Burr。英語化された形では Bor または Bur)は、北欧神話に登場する男神である。

解説
ボルは、最初の神ブーリの息子であり、北欧神話の主神オーディンの父親であった。

ボルは、スノッリ・ストゥルルソンの『散文のエッダ』第一部『ギュルヴィたぶらかし』第6章において言及される。それによると、ボルは、ヨトゥンのボルソルンの娘であるベストラという名の女性を娶り、三人の息子を得た。息子は一人目はオーディン、二人目はヴィリ、三人目はヴェーという名前であった[3]。

しかしボルは『散文のエッダ』では以後2度と触れられない。スカルド詩[注釈 1]や『詩のエッダ』においては、オーディンは時々「ボル(ブル)の息子」[4]と呼ばれる。しかしボルに関する詳しい事は何も知られていない。他の文献にも名前が見られない。神話における彼の役割も不明である。そして、彼が古代北欧において信仰された形跡もない。
引用元:ボル (北欧神話) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%AB_(%E5%8C%97%E6%AC%A7%E7%A5%9E%E8%A9%B1)

世界大百科事典内のボル(神話)の言及
【北欧神話】より
…牝牛が塩辛い霜で覆われた石をなめているうちに人間が出てきた。この人間はブーリBúriといい,ボルBorrという息子を得たが,ボルは巨人の娘を娶り,二人の間に3人の男子が生まれる。オーディン,ビリVili,ベーVéがそれで,アース神族は彼らに由来する。…
引用元:ボル(神話)(ぼる)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%9C%E3%83%AB%28%E7%A5%9E%E8%A9%B1%29-1417237

ブーリ[1](またはブリ[2]。古ノルド語: Búri)は、北欧神話において最初に生まれたとされる神である[3]。

彼は、ボルの父であり、オーディンの祖父である[3]。

ブーリは、ギンヌンガ・ガップの中に貯まった塩分を含む氷を舐め続けた雌牛のアウズンブラによって作り出された。この物語を唯一現在に伝えているのが、スノッリ・ストゥルルソンが書いた『散文のエッダ』第一部『ギュルヴィたぶらかし』である[3]。
引用元:ブーリ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%AA

ベストラ(古ノルド語: Bestla)は、北欧神話に登場する古代のヨトゥン族(霜の巨人)の女性である。 巨人ボルソルンの娘である[1]。

概要
『スノッリのエッダ』第一部『ギュルヴィたぶらかし』第6章によると、ベストラは神のボルと結婚し、オーディン、ヴィリ、ヴェーの母となった[1]。
引用元:ベストラ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9

アスクとエムブラは、北欧神話において神々に創造された最初の人間の男女である。 男性がアスク(古ノルド語: Askr、英語: Ask)、女性がエムブラ(古ノルド語・英語:Embla)である。

『スノッリのエッダ』第一部『ギュルヴィたぶらかし』第231章においては、オーディンとその兄弟ヴィリとヴェーが、この最初の男女の創造者であった[1]。 3人は浜辺で2本の流木を拾うと、それらに人間の形を与えた。 オーディンはそれに息吹を与えた。また、ヴィリは感情と知性を与え、ヴェーは言葉と感覚を与えた。

『古エッダ』の『巫女の予言』では、経緯が若干異なる。オーディンの他に創造に関わったのはヘーニルとローズルであった。ヘーニルは2人に心を与え、ローズルは生命の暖かさと良い姿を与えた、と書かれている[2]。

トネリコから造られた男性アスクと、ニレから造られた女性エムブラ。この2人の人間がすべての人類の先祖となった。2人はミズガルズに住んだ[1]。
引用元:アスクとエムブラ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%81%A8%E3%82%A8%E3%83%A0%E3%83%96%E3%83%A9