「ヘンリー」・ミラー『北回帰線』『南回帰線』「アーサー」・ミラー『セールスマンの死』『るつぼ』レヴィ=ストロース『悲しき熱帯』『悲しき南回帰線』

047lfYEKnrOCz
小説『北回帰線』『南回帰線』
を書いたアメリカの作家は
◯◯◯◯・ミラー?
◯を答えなさい
ヘンリー
「ヘンリー」・ミラー

ですが
戯曲『セールスマンの死』
を書いたアメリカの作家は
◯◯◯◯・ミラー?
◯を答えなさい
アーサー
「アーサー」・ミラー

○×
ヘンリー・ミラーは
『北回帰線』の他に
『南回帰線』も書いている

CIMG2168
20世紀アメリカの劇作家
アーサー・ミラーの
ピュリッツァー賞
受賞作のタイトルは?
スーマセのンル死
→セールスマンの死


著書『悲しき熱帯』で有名なフランスの文化人類学者はクロード・レヴィ=○○○○○? ○を答えなさい
ストロース

ヘンリー・ヴァレンタイン・ミラー(Henry Valentine Miller, 1891年12月26日 – 1980年6月7日)は、アメリカ合衆国の小説家。
>1931年、シカゴ・トリビューンでの仕事を得る。職業を転々としたのち、ヨーロッパを放浪。1934年、自伝的小説『北回帰線』をパリにて発表。しかし本国アメリカでは、その奔放な性表現により発禁になる(1964年、連邦最高裁にて「猥褻文書ではない」とする判決が下された)。
>女性遍歴が豊富なことでも知られている。結婚は5回している。最後の妻だったホキ徳田は、本人からは8人目の妻と聞いていたという[1]。
引用元: ヘンリー・ミラー – Wikipedia.

「当時、ヘンリーは占星術にハマっていて、会うなり私の誕生日を聞いてきて。デビュー作『北回帰線』の冒頭に『11月14日のぼくの夢はどうだったか』というくだりがあるの。最初、彼は妙な顔してた。でも、運命を感じていたと思う」

 日本最高齢のジャズシンガーであり、文豪ヘンリー・ミラーの最後の妻として知られるホキ徳田。
> 当時、46歳差の結婚に日本だけなく欧米のマスコミもアレコレと書きたてた。

 「渡米して2年で、ちょうどH1ビザ(就労ビザ)を更新しなきゃいけなかったの。結婚すれば彼が引受人になるわけ。だんだんと彼のことも好きになってたし、これだけ望まれるなら一緒に暮らすのもいいかな、って」

 だが、いざ結婚となったときにも問題が起きた。

 「私が8人目の妻だと言っていたんだけど、婚姻届を出そうとしたら離婚が成立してないのがある、って。秘書に『あれ? あいつと離婚したっけ』とか聞いてるの。ホント、失礼しちゃうわ、ハハッ」
>■ホキ徳田(ほき・とくだ) 1937年11月14日、東京都出身。74歳。3歳からピアノを始め絶対音感を習得する。カナダ・オンタリオ州アルマ・カレッジ芸術科へ留学。帰国後、テレビを中心にマルチタレントとして活動。1965年に米ハリウッドのエージェンシーと契約し渡米。67年に米の文豪ヘンリー・ミラーと結婚。現在も六本木でピアノバー『北回帰線』を経営する。
引用元: 【あの人NOW!】ヘンリー・ミラーとの笑える結婚ウラ話 – 芸能 – ZAKZAK.

アーサー・アッシャー・ミラー(Arthur Asher Miller, 1915年10月17日 – 2005年2月10日)は、アメリカ合衆国の劇作家。代表作は『セールスマンの死』など。
>1949年『セールスマンの死』でエリア・カザンが演出し、トニー賞、ピュリッツァー賞を受賞。劇作家としての地位を確立し、テネシー・ウィリアムズとともにアメリカ現代演劇の旗手に躍り出た。2001年に高松宮殿下記念世界文化賞受賞。
>『セールスマンの死』は、平凡なセールスマンに米国の夢を仮託し、子供への過大な期待を抱いて自滅する姿を、現代の悲劇の象徴として描いた。また、1953年の『るつぼ』では、魔女狩りを素材にマッカーシズムへの警鐘を鳴らした。
引用元: アーサー・ミラー – Wikipedia.

“ぼくは諸君のために歌おうとしている。すこしは調子がはずれるかもしれないが、とにかく歌うつもりだ。諸君が泣きごとを言っているひまに、ぼくは歌う。諸君のきたならしい死骸の上で踊ってやる”その激越な性描写ゆえに長く発禁を免れなかった本書は、衰弱し活力を失った現代人に最後の戦慄を与え、輝かしい生命を吹きこむ。放浪のパリ時代の体験を奔放に綴った記念すべき処女作。
> ヘンリ・ミラー/著
Miller,Henry
(1891-1980)米国ニューヨーク州ヨークビル生れ。ニューヨーク市立大学中退後、国内を放浪。生涯で5度の結婚を経験し、ほとんど定職につかずに創作活動を行なった。大胆な性描写や、人間疎外を生む現代文明への激しい批判にあふれた作風で知られる。代表作に『北回帰線』『南回帰線』『薔薇色の十字架』などがある。
引用元: ヘンリ・ミラー 大久保康雄『北回帰線』|新潮社.

アーサー・ミラー 1
セールスマンの死
>かつて敏腕セールスマンで鳴らしたウイリー・ローマンも、得意先が引退し、成績が上がらない。帰宅して妻から聞かされるのは、家のローンに保険、車の修理費。前途洋々だった息子も定職につかずこの先どうしたものか。夢に破れて、すべてに行き詰まった男が選んだ道とは……家族・仕事・老いなど現代人が直面する問題に斬新な手法で鋭く迫り、アメリカ演劇に新たな時代を確立、不動の地位を築いたピュリッツァー賞受賞作
引用元: アーサー・ミラー 1:ハヤカワ・オンライン.

アーサー・ミラー 2
るつぼ
>主人と結ばれたい一心で召使いの美少女が用いた奸計は、村を壮絶な魔女狩りの渦に陥れる。赤狩りにゆれるアメリカに衝撃を与えた巨匠の代表作。
実直な農夫プロクターは召使いの少女アビゲイルと一夜の関係を持ってしまう。少女はプロクターを我がものにすべく、神の名のもと彼の妻を「魔女」として告発。折しも村人の悪魔憑きへの恐怖や日頃の相互不信と相まって、村には壮絶な魔女狩りの嵐が吹き荒れる……17世紀の実話に基づく本作は、1953年に発表されるやマッカーシズムに揺れる米国に衝撃を与えた。峻厳すぎる正義の暴走と人間の尊厳に鋭く迫る、巨匠不朽の代表作。
引用元: アーサー・ミラー 2:ハヤカワ・オンライン.

レビ‐ストロース 【Claude Lvi-Strauss】

[1908~2009]フランスの文化人類学者。親族構造、分類の論理を研究、神話の構造分析を行い、構造主義人類学を確立した。著「悲しき熱帯」「構造人類学」「野生の思考」など。
引用元: レビ・ストロースとは – コトバンク.

悲しき熱帯Ⅰ
レヴィ=ストロース 著 川田順造 訳 川田順造 解説

文化人類学者による「未開社会」の報告はおびただしい数にのぼるが、この本は凡百の類書をはるかに超える、ある普遍的な価値にまで達した一個の作品としての通用力をもっている。
引用元: 悲しき熱帯Ⅰ|全集・その他|中央公論新社.

講談社学術文庫
悲しき南回帰線 上
1949年、構造主義の原点をなす「親族の基本構造」によって注目をあびたレヴィ=ストロースは、その後サン・パウロ大学教授としてブラジルに滞在。その間、文化人類学者としての限りなき自己追求と、無であるが故にあまりにも悲しき熱帯の様相を交叉させながら、カドゥヴェオ族など四つの部族調査をおこない、その成果を本書『悲しき南回帰線』において見事に結実させた。世界の文化人類学界に一大転機をもたらした不朽の名著。
引用元: BookWebPro 和書検索.