早大理工学部からロシア語へ

NHK教育『ロシア語会話』の
講師を務めたこともある、弟に
日本語学者の金田一秀穂がいる
ロシア語学者は金田一◯◯?
春彦
真澄(答)
町紀
39%

金田一 真澄(きんだいち ますみ、1949年1月4日 – )は、日本のロシア語学者(博士(文学))。慶應義塾大学名誉教授。長野県立大学学長。

来歴
祖父は日本語学者で著名な金田一京助、父は金田一春彦。ゴルフライターの金田一美奈子(田中美奈子)は姉。金田一秀穂は弟。曾祖父の兄は実業家の金田一勝定。再従姉に大映映画で美人女優として活躍した金田一敦子がいる。

子供の頃は国語が苦手で、早稲田大学理工学部電気工学科へ進学し半導体の研究をしたが、修士課程修了後に言語学研究に転じ、慶應義塾外国語学校でロシア語をマスターする。

人物
ロシア語を勉強したのは、当時の米ソ冷戦の状況下で、進んでいた旧ソ連の技術を勉強するために不可欠だったということもあるが、本格的に言語学の道に転じた背景としては、祖父の京助が、アイヌの言語研究をライフワークとしていたことも影響しているとみられる。その姿勢は弟の秀穂にも影響を与えた。

NHK教育テレビの『ロシア語会話』(各国語学講座)講師を務めた。なお、NHK「ロシア語会話」は真澄が早稲田の大学院に通っていた時代に放送開始となったが、そのときに担当教官の指示で理工系向けの露和単語集(専門用語辞典)の編纂作業に加わっている。
引用元:金田一真澄 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E7%94%B0%E4%B8%80%E7%9C%9F%E6%BE%84

ロシア語の世界へ足を踏み入れたきっかけ

もともと金田一教授は早稲田大学の理工学部で電子工学を学んでいた。ロシア語や言語学の世界へ足を踏み入れるに至ったのは、いざ大学卒業が見え、就職を考えていこうという時期のことだったという。

元来のんきな性格で何かについて深く悩むことのなかったという教授は、就職率のいい理工学部で、「このまま何に悩むこともなく生きていていいのか」とふと思い直し、新しい世界に飛び込むことを決めた。そこでロシア語を選んだのは、当時技術の最先端であるソ連の文献を読むことが多く、身近な言語であったためだ。

ロシア語について教授は、「文法事項や規則が極めて多く、科学的な言語であることが魅力だ」と話す。厳格な文法構造を持つロシア語は、文学においても真面目な性格を持つ。そういった部分が理系の自分に合っていたから、と金田一教授は語る。
引用元:【定年退職者インタビュー】理工学部 金田一真澄教授 | Jukushin.com https://www.jukushin.com/archives/16331