孫文【1912.1.1】袁世凱【1912.2.15】

1912年1月1日に中華民国の
初代臨時大総統となった人物は
袁世凱である
×(答)
◯孫文
56%

001xFGzLIeLoq
中国の南京にある中山陵は
毛沢東の墓である
×(答)
◯孫文
引用元:「江沢民」1993国家主席 「胡耀邦」1983来日首脳会談 「周恩来」1972日中共同声明 中国歴代国務院総理(首相)「周恩来」「華国鋒」「温家宝」 中山陵(ちゅうざんりょう) 孫文の墓 紫金山 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/360/

053HQqwnYM
次の文字を順に選んで
中華民国第4代総統の
名前にしなさい



「徐世昌」

109yEOPygFKoK
このような中華民国の
国旗を何という?
(画像出題)
青旗日天紅地白満
青天白日満地紅旗(答)
引用元:「徐世昌」中華民国第4代総統 「青天白日満地紅旗」中華民国(台湾)の国旗 「三民主義」に由来 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/12233/

臨時大総統
辛亥革命によって1912年正月、孫文が中華民国の臨時大総統となる。

辛亥革命の勃発の知らせをロンドンで聞いた孫文は、1911年末に帰国し、翌12年正月、中華民国の建国を宣言し、臨時大総統に就任した。しかしまだ北京には清朝政府が存在し、その実権を握る袁世凱は革命軍を攻撃しながら、孫文の南京政府と交渉を行っていた。孫文は、袁世凱との交渉によって、清朝を廃し、共和政を維持するという条件で、大総統の地位を袁世凱に譲った。袁世凱は1912年2月に清朝の宣統帝を退位させ、3月に臨時大総統になった。袁世凱は独裁的な権力を握ると、1913年10月、正式な大総統に就任した。
引用元:臨時大総統 https://www.y-history.net/appendix/wh1403-092.html#:~:text=%E8%BE%9B%E4%BA%A5%E9%9D%A9%E5%91%BD%E3%81%AB%E3%82%88%E3%81%A3%E3%81%A6%EF%BC%91%EF%BC%99%EF%BC%91%EF%BC%92%E5%B9%B4,%E5%A4%A7%E7%B7%8F%E7%B5%B1%E3%81%AB%E5%B0%B1%E4%BB%BB%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%82

中華民国大総統(ちゅうかみんこくだいそうとう、繁体字:中華民國大總統)は、中華民国初期の国家元首の名称。中国語で大総統ないし総統は、大統領を意味する。台湾に政体を置いて以降の総統に関しては、中華民国総統の項を参照。

1912年1月1日に成立した中華民国臨時政府において(政府も正式のものではなく「臨時政府」だったため)「臨時大総統」が設置され、1913年10月10日、正式に「大総統」が国家元首として設けられた。1925年に国民政府が発足し、1928年に南京国民政府が中国を統一すると、中華民国の元首の称号は中華民国国民政府主席という名称に移行した。

歴代大総統一覽[編集]
中華民国政府は、1913年7月第二革命以降の袁世凱政権ならびに軍閥政府は不法であったと位置づけている。

歴代大総統一覽表
氏名 就任 退任 政党 備考
南京臨時政府
孫文 1912年1月1日 1912年4月1日 中国同盟会  臨時大総統
北洋軍閥政府
袁世凱 1912年3月10日  1913年10月10日 共和党  臨時大総統
袁世凱 1913年10月10日
1916年3月22日

1915年12月12日
1916年6月6日

共和党 正式大総統
1916年3月22日帝制取消宣言、大総統へ復帰、6月6日大総統職のまま失意病死。
引用元:中華民国大総統 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E8%8F%AF%E6%B0%91%E5%9B%BD%E5%A4%A7%E7%B7%8F%E7%B5%B1

百科事典マイペディアの解説
民国革命,第1革命とも。1911年(宣統3年,辛亥の年)10月10日に中国で勃発(ぼつぱつ)した革命。翌年清朝は滅亡,中華民国が成立した。10月10日の武昌軍隊の蜂起(ほうき)(武昌起義)を契機に,各省軍隊はたちまちこれに呼応して,独立・革命の動きは全中国に広まり,翌1912年1月1日孫文を臨時大総統とする中華民国臨時政府が南京で成立した。これに対し清朝が起用した袁世凱(えんせいがい)は,自己の足場を固めつつ革命政権と妥協,2月には清帝を退位させ,続いて孫文に代わって臨時大総統に就任した。しかし袁は独裁化への歩みを強め続けたので,1913年,九江,南京などで国民党側は武装蜂起(第2革命)したが,失敗して孫文らは亡命し,袁が正式の大総統に就任するにいたった。
引用元:辛亥革命(しんがいかくめい)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E8%BE%9B%E4%BA%A5%E9%9D%A9%E5%91%BD-81359

孫 文(スン ウェン、そん ぶん、1866年11月12日(清同治5年10月初6日) – 1925年(民国十四年)3月12日)は、中華民国の国父・政治家・革命家。初代中華民国臨時大総統。中国国民党総理。「中国革命の父」、中華民国では国父(国家の父)と呼ばれる。また、中華人民共和国でも「近代革命先行者(近代革命の先人)」として、近年「国父」と呼ばれる。

中国では孫文よりも孫中山の名称が一般的であり、孫中山先生と呼ばれている。1935年から1948年まで発行されていた法幣(不換紙幣)で肖像に採用されていた。現在は100新台湾ドル紙幣に描かれている。中国国民党では現在も、孫文は「党総理」であると党則第15章で定めている。

中華民国建国[編集]

1911年10月10日、共進会と同学会の指導下、武昌蜂起が起き、各省がこれに呼応して独立を訴える辛亥革命に発展した。当時、孫文はアメリカにいた。独立した各省は武昌派と上海派に分かれ革命政府をどこに置くか、また革命政府のリーダーを誰にするかで争ったが、孫文が12月25日に上海に帰着すると、革命派はそろって孫文の到着に熱狂し、翌1912年1月1日、孫文を臨時大総統とする中華民国が南京に成立した。

国民党と第二革命・第三革命[編集]
1913年3月、国会議員選挙において中国同盟会を発展させ、孫文が理事長である「国民党」が870議席の内401議席を獲得[8]。 同党の実質的な指導者である宋教仁を総理とした[8]。宣統帝の退位と引き換えに清朝の実力者となった袁世凱はアメリカの政治学者グッドナウ(英語版)による強権政治(中央集権的な統治)の意見を取り入れ、自身の権力拡大を計り、宋教仁を暗殺し、国民党の弾圧をはじめた[8]。これに伴い、同年7月、袁世凱打倒の第二革命がはじまる[8]。1914年に孫文は中華革命党を組織するが、袁は議会解散を強行した[8]。

1915年に袁世凱は共和制を廃止、帝政を復活させ、自らが中華帝国大皇帝に即位する[8]。直ちに反袁・反帝政の第三革命が展開される。翌年、袁は病死するが、段祺瑞が後継者になる。
引用元:孫文 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%AB%E6%96%87

袁 世凱(えん せいがい、拼音: Yuán Shìkǎi ユエン・シーカイ 1859年9月16日(咸豊9年8月20日) – 1916年6月6日)は、中国清末民初期の軍人・政治家。初代中華民国大総統。北洋軍閥の総帥。大清帝国第2代内閣総理大臣を務めたが、清朝崩壊後は第2代中華民国臨時大総統、初代中華民国大総統に就任。一時期中華帝国帝政として復活し、その際に使用された元号より洪憲と呼ばれることもある。字は慰亭(いてい)、号は容菴(ようあん)。

宣統3年(1911年)10月、辛亥革命が勃発。華中・華南では革命派優位で情勢が推移した。朝廷内の満洲貴族らも袁世凱のほかにこれを鎮圧できる人物はいないと判断し、清朝の第2代内閣総理大臣、湖広総督に任命するとともに、反乱軍の鎮圧を命じた。袁世凱は部下の段祺瑞・馮国璋らを鎮圧に向かわせつつも自らは動かず、一方で革命派と極秘に連絡を交わした。そして自らの臨時大総統就任の言質を取るや革命派に寝返り、朝廷の要人に政権の交代を促した。こうして宣統4年(1912年)2月12日、宣統帝の上諭が発布されて清国最後の皇帝が退位、清朝は滅亡した。同年2月15日、議場での満場一致により、袁世凱が新生中華民国の臨時大総統に就任した。
引用元:袁世凱 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A2%81%E4%B8%96%E5%87%B1

1911年中華民國臨時大總統選舉為中華民國臨時政府舉行的第一任臨時大總統選舉。結果由孫文以16票當選臨時大總統,黎元洪以17票當選臨時副總統。孫文於1912年1月1日在南京就職,並宣佈中華民國正式成立。而黎元洪則於1月8日在武昌就職。
引用元:1911年中華民國臨時大總統選舉 – 维基百科,自由的百科全书 https://zh.wikipedia.org/wiki/1911%E5%B9%B4%E4%B8%AD%E8%8F%AF%E6%B0%91%E5%9C%8B%E8%87%A8%E6%99%82%E5%A4%A7%E7%B8%BD%E7%B5%B1%E9%81%B8%E8%88%89

1912年中華民國臨時大總統選舉為中華民國臨時政府舉行的第二任臨時大總統選舉。結果由袁世凱以17票當選臨時大總統,黎元洪以17票當選臨時副總統,並於3月10日就職。

背景
1911年,武昌起義後,清廷任命袁世凱對付革命軍。之後,兩方停戰議和,和議商妥。1912年2月13日,清帝退位。孫文向參議院辭職,並推袁世凱為大總統。2月14日,參議院接受孫文的辭職書,並決定2月15日選舉臨時大總統。
引用元:1912年中華民國臨時大總統選舉 – 维基百科,自由的百科全书 https://zh.wikipedia.org/wiki/1912%E5%B9%B4%E4%B8%AD%E8%8F%AF%E6%B0%91%E5%9C%8B%E8%87%A8%E6%99%82%E5%A4%A7%E7%B8%BD%E7%B5%B1%E9%81%B8%E8%88%89

辛亥革命の結果,清朝に代って中国に成立した共和国の国号。 1912年1月に孫文を臨時大総統として成立したが,次いで袁世凱が大総統となり,以後軍閥戦争が繰返された。孫文の指導する国民党は 24年中国共産党と提携,反封建の目的を果すため「北伐」,すなわち北方軍閥の討伐に乗出した。しかし孫文の没後,蒋介石を中心とする国民党右派は,帝国主義諸国と結んで上海クーデターにより 28年正式に国民政府を樹立し,中国を統一した。国民政府は共産党を弾圧したが,その後日本の侵略が激化すると 38年3月「抗戦建国綱領」を制定し,第2次国共合作が成立した。しかし依然として国共の対立は続き,45年8月の日中戦争終了ののち内戦が激化,49年 10月北京に中華人民共和国が成立すると国民党政府は台湾に渡り,今日まで中華民国と称している。 71年 10月中華人民共和国が国際連合での合法的権利を回復したことにより,国民党政府は国連脱退を声明,72年9月中華人民共和国と日本との国交正常化により,対日断交を宣言した。 92年8月,中韓国交樹立による韓国との断交で,アジアで国交を有する国はなくなった。
出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
引用元:中華民国(ちゅうかみんこく)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E4%B8%AD%E8%8F%AF%E6%B0%91%E5%9B%BD-97091