村田珠光(創始)、武野紹鴎(確立)、千利休(完成)【侘茶】

千利休や足利義輝を弟子に持った
堺の豪商だった戦国時代の茶人は
津田宗及である
×(答)
◯武野紹鴎
35%

085RsVlmPZ
茶の道具
金属製が多い
別名「こぼし」
茶碗を清めた湯を捨てる道具
茶筅
懐紙
茶杓
建水(答)けんすい
引用元:「建水」湯を捨てる茶道具「こぼし」 茶湯の三大宗匠「津田宗及」「今井宗久」「千利休」 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/22574/

武野紹鴎(読み)たけの じょうおう
[1502~1555]室町後期の富商・茶人。堺の人。号、一閑居士・大黒庵。歌学を三条西実隆に学ぶ。茶の湯では村田珠光の孫弟子にあたり、佗(わ)びの境地を確立、千利休・津田宗及・今井宗久らの門弟を養成した。
出典 小学館デジタル大辞泉について
引用元:武野紹鴎(たけの じょうおう)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E6%AD%A6%E9%87%8E%E7%B4%B9%E9%B4%8E-18677

村田 珠光(むらた じゅこう、応永29年(1422年)または30年(1423年) – 文亀2年5月15日(1502年6月19日)または7月18日(8月20日))は、室町時代中期の茶人、僧。「わび茶」の創始者とされる人物。なお僧侶であり本来ならば苗字は持たないが、慣習的に「村田珠光」という呼び方が広まっている。

近年では「しゅこう」と濁らないとする説もある[1]。
引用元:村田珠光 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E7%94%B0%E7%8F%A0%E5%85%89

千利休(せんのりきゅう、せんりきゅう、大永2年(1522年) – 天正19年2月28日(1591年4月21日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての商人、茶人。

わび茶(草庵の茶)の完成者として知られ、茶聖とも称せられる。また、今井宗久、津田宗及とともに茶湯の天下三宗匠と称せられ、「利休七哲」に代表される数多くの弟子を抱えた。また、末吉孫左衛門の親族で平野勘平衛利方と親しく交流があった。子孫は茶道の三千家として続いている。天下人・豊臣秀吉の側近という一面もあり、秀吉が旧主・織田信長から継承した「御茶湯御政道」のなかで多くの大名にも影響力をもった。しかしやがて秀吉との関係に不和が生じ、最後は切腹へと追い込まれた。切腹を命ぜらるに至った真相については諸説あり、定まっていない。
引用元:千利休 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E5%88%A9%E4%BC%91