サルトルらの請願【特赦】

小説『泥棒日記』を書いた
フランスの作家ジャン・ジュネは
実際に窃盗の罪により
刑務所に入れられている
◯(答)
81%

『泥棒日記』(どろぼうにっき、Journal du voleur)は、フランスの作家ジャン・ジュネの代表作。1949年刊。一部は事実、一部は虚構の自叙伝。作中にこの作品の目的は「到達不可能な無価値性の追求」[1]と記されている事からも察せられるように、ジャン=ポール・サルトルの哲学とりわけ「存在と無」の影響の下に著された。この「泥棒日記」はジャン=ポール・サルトルと「カストール」つまりシモーヌ・ド・ボーヴォワールに捧げられた。[2]

朝吹三吉訳で新潮社のち新潮文庫(1968年:ISBN 4102119019)。三島由紀夫が、熱烈なオマージュを書いたことでも著名な作品。
引用元:泥棒日記 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%A5%E6%A3%92%E6%97%A5%E8%A8%98

ジャン・ジュネ(Jean Genet, 1910年12月19日 – 1986年4月15日)は、フランスの小説家、詩人、エッセイスト、劇作家であり、政治活動家である。少年期から30代までは、犯罪や放浪を繰り返していた。

経歴[編集]
1910年12月19日、家政婦であった母、カミーユ・ガブリエル・ジュネのもとにパリに生まれた。父の名前はフレデリック・ブラン。生後7ヶ月で母に捨てられ、田舎(アリニィ・アン・モルヴァン村)に住む木こりの夫婦(シャルル&ウージェニー・レニエ夫妻)の養子となった。ジュネは学校の成績はよかったものの、犯罪を繰り返すようになった。養母が死亡した後、新たな夫妻(ウージェニーの娘ベルトとその夫アントナン)の養子となったが、繰り返して起こした犯罪のため、15歳のときに感化院に送られた。18歳のときに外国人部隊に志願し入隊するが、後に脱走してフランスを離れ、ヨーロッパを放浪した。この際にも、窃盗や乞食、男娼、わいせつ、麻薬密売といった犯罪を繰り返していた。

1942年、中央刑務所に投獄される。このとき、初めての詩集『死刑囚』を自費出版した。また、ジュネはパリで作家ジャン・コクトーに自分の作品を読ませ、自らの文才を認めさせることに成功し、1944年、文芸誌「ラルバレート」に小説『花のノートルダム』の抜粋が掲載される(これが公に発表されたジュネの最初の作品となる)。
引用元:ジャン・ジュネ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%8D

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説
フランスの小説家、劇作家、詩人。パリの公立産院で誕生。ガブリエル・ジュネという名の母親は赤ん坊を置き去りにして逃走。父親は名も素姓も不明。孤児として貧民救済施設で成長。7歳からフランス中央山岳地帯の農家に引き取られるが、16歳のとき盗みと傷害事件で感化院に送られる。3年後に脱走してスペイン、イタリア、ポーランド、ドイツなどを放浪し、乞食(こじき)、かっぱらい、男娼(だんしょう)、密輸の手伝いなどでその日暮らしを続け、やがてフランスに舞い戻り、盗みの現行犯でたびたび逮捕されてフランス各地の刑務所に服役しながら、詩編『死刑囚』(1942)、小説『花のノートル・ダム』の断章(1944)を書いて秘密出版した。これを読んだコクトーやサルトルが大統領あての請願運動をした結果、1948年出獄を許され、以後、作家生活に入った。
引用元:ジュネとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%8D-78083

泥棒日記
ジャン・ジュネ/著 、朝吹三吉/訳

825円(税込)

発売日:1968/10/02

言語の力によって現実世界の価値をことごとく転倒させ、幻想と夢魔のイメージで描き出される壮麗な倒錯の世界。――裏切り、盗み、乞食、男色。父なし子として生れ、母にも捨てられ、泥棒をしながらヨーロッパ各地を放浪し、前半生のほとんどを牢獄におくったジュネ。終身禁固となるところをサルトルらの運動によって特赦を受けた怪物作家の、もっとも自伝的な色彩の濃い代表作。
引用元:ジャン・ジュネ、朝吹三吉/訳 『泥棒日記』 | 新潮社 https://www.shinchosha.co.jp/book/211901/