塩泉とオリーブの木【贈り物対決】

アテナイの支配権を巡って
女神アテナと争い、アテナイの
民に対する贈り物の結果敗れた
ギリシャ神話の神は?
ヘパイストス

プロメテウス
ポセイドン(答)
ヘラクレス
35%

ポセイドーン(古希: ΠΟΣΕΙΔΩΝ, Ποσειδῶν, Poseidōn)は、ギリシア神話の海と地震を司る神である[1]。オリュンポス十二神の一柱で、最高神ゼウスに次ぐ圧倒的な強さを誇る。海洋の全てを支配し、全大陸すらポセイドーンの力によって支えられている。怒り狂うと、強大な地震を引き起こして世界そのものを激しく揺さぶる。また、地下水の支配者でもあり、泉の守護神ともされる。

イオーニア方言系ではポセイダーオーンとも呼ばれる。エノシガイオスという名もある[1]。日本語では長母音を省略してポセイドンとも呼ぶ[1]。

アテーナーとの争い[編集]
ポセイドーンは、アテーナイの支配権をめぐりアテーナーと争ったといわれる[1]。2人がアテーナイの民に贈り物をして、より良い贈り物をした方がアテーナイの守護神となることが裁定で決まり、ポセイドーンは三叉の矛で地を撃って塩水の泉を湧かせ、アテーナーはオリーブの木を生じさせた[1]。オリーブの木がより良い贈り物とみなされ、アテーナイはアテーナーのものとなったという[1]。この結果に納得がいかなかったポセイドーンはアテーナイに洪水を起こしたが、ゼウスが仲介してアテーナイのアクロポリスにアテーナーの神殿を、エーゲ海に突き出すスーニオン岬にポセイドーンの神殿を築き、2人は和解した。アテーナイのアクロポリスには、この塩水の泉が枯れずに残っていたといわれる。この他にも、ゼウスやヘーラー、ディオニューソス、ヘーリオスとも領有地争いを起こしている[2]。
引用元:ポセイドーン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%B3

Foundation of Athens

Athena became the patron goddess of the city of Athens after a competition with Poseidon. Yet Poseidon remained a numinous presence on the Acropolis in the form of his surrogate, Erechtheus.[2] At the dissolution festival at the end of the year in the Athenian calendar, the Skira, the priests of Athena and the priest of Poseidon would process under canopies to Eleusis.[47] They agreed that each would give the Athenians one gift and the Athenians would choose whichever gift they preferred. Poseidon struck the ground with his trident and a spring sprang up; the water was salty and not very useful,[48] whereas Athena offered them an olive tree.
引用元:Poseidon – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Poseidon

オリーブオイルもまたギリシャ料理には欠かせないものだ。オリーブの原産地は地中海沿岸といわれ、紀元前3000年頃には栽培されていたと伝わる。そして、紀元前800年頃には神話に登場するほどオリーブの木は古代ギリシャにとって重要なものになっていた。中でも有名なのが知恵の女神アテナの神話だ。

 ある土地の守護神の座を巡って海の神ポセイドンと女神アテナが争った。そこで住民により多くの恵みを与えた者にその座を与えることになった。ポセイドンは白馬と塩水の泉を与え、アテナはオリーブの木を創り出して小高い丘に植えたという。オリーブは食料のほか、燃料や医療にも役立つ。結果、アテナが争いに勝利して守護神になった。その土地はアテナイ、現在のギリシャの首都アテネである。
引用元:第75回 古代ギリシャ人も好きだった?フェタチーズ | ナショナルジオグラフィック日本版サイト https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/web/15/352321/051000038/?P=3