「天気晴朗なれども波高し」

実際に使われたのは一部だけ
だった、日露戦争の日本海海戦
の際に日本海軍の秋山真之が
事前に立てていた作戦は?
八段構えの戦法

六段構えの戦法
五段構えの戦法
七段構えの戦法(答)
32%

108NHyuqQN
日露戦争の日本海海戦で
連合艦隊の戦艦を務め
司令長官の東郷平八郎が
乗り込んだ戦艦の名前は?
松濃
三島
信笠
三笠(答)

タイピング
日露戦争中に血の日曜日事件などロシア革命の支援工作を画策した日本の外交官は○○元二郎?
あかし(答)
「明石元二郎」

CIMG5478
次の歴代連合艦隊司令長官を
その任に就いたのが
早い順に選びなさい
米内光政 23代
永野修身 24代 
山本五十六 27代

CIMG1573JSuyIAxRXxBq
CIMG1574BcIBpAnnTkRM
日露戦争後の講和条約である
ポーツマス条約で、日本の
全権代表は小村寿太郎でしたが

ロシアの全権代表を務めたのは
◯◯◯◯? ◯を答えなさい
ウィッテ(答)
引用元:「三笠」日露戦争で旗艦 東郷平八郎司令長官 「大西瀧治郎」特攻の生みの親 「樋口季一郎」オトポール事件「イスラエル建国の功労者」 「淵田美津雄」トラ・トラ・トラ打電 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/23633/

日本海海戦(にほんかいかいせん)は、日露戦争中の1905年(明治38年)5月27日から5月28日にかけて、日本海軍の連合艦隊とロシア海軍の第2・第3太平洋艦隊との間で行われた海戦である。日本ではこのロシア側の艦隊を「バルチック艦隊」と呼ぶ事が通例となっており、本稿でもこの呼称を用いる。

日本以外の国々では主力決戦の海域に因み対馬沖海戦と呼ばれる(ロシア語「Цусимское сражение」、英語「Battle of Tsushima」)。

この海戦は日露戦争中の最大規模の艦隊決戦であり、その結果、連合艦隊は海戦史上稀に見る勝利を収め、バルチック艦隊の艦艇のほぼ全てを損失させながらも[注釈 5]、被害は小艦艇数隻のみの喪失に留めた。この結果は和平交渉を拒否していたロシア側を講和交渉の席に着かせる契機となった。

戦術[編集]
七段構えの戦法[編集]
秋山真之参謀が立てたバルチック艦隊を全滅させるための迎撃作戦計画。「天気晴朗なれども波高し」の電報で、大本営は、第一段が行われないことを理解した。実際には、第二段と第三段のみでバルチック艦隊を殲滅した。

第一段
主力決戦前夜、駆逐艦・水雷艇隊の全力で、敵主力部隊を奇襲雷撃
第二段
艦隊の全力を挙げて、敵主力部隊を砲雷撃により決戦。丁字戦法が行われた。
第三・四段
昼間決戦のあった夜、再び駆逐隊・水雷艇隊の全力で、敵艦隊を奇襲雷撃。高速近距離射法が行われた。
第五・六段
夜明け後、艦隊の主力を中心とする兵力で、徹底的に追撃し、砲雷撃により撃滅
第七段
第六段までに残った敵艦を、事前に敷設したウラジオストック港の機雷原に追い込んで撃滅
引用元:日本海海戦 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%B5%B7%E6%B5%B7%E6%88%A6

丁字戦法(ていじせんぽう)もしくは、丁字作戦(ていじさくせん)とは、砲艦同士の海戦術の一つで、敵艦隊の進行方向をさえぎるような形で自軍の艦隊を配し、全火力を敵艦隊の先頭艦に集中できるようにして敵艦隊の各個撃破を図る戦術をいう。T字戦法(ティーじせんぽう、英:Crossing the T)、T字作戦(ティーじさくせん)とも言う。

日露戦争時の日本海軍における丁字戦法[編集]
日露戦争の開戦前、日本海軍では「連合艦隊戦策」が定められ、丁字戦法と乙字戦法をとることが決められた。また「連合艦隊戦策」を基に各戦隊ごとの戦策が決定され、その全てに丁字戦法と乙字戦法が取り入れられた。この戦策が掲載されている日本海軍編纂の内部資料である極秘の「明治三十七八年海戦史」(一部が抜粋された上に機密部分を改変された同じ題名の公刊のものが存在する)によれば、黄海海戦や日本海海戦、その他の小戦闘に至るまで全てこの戦策によらないものは無いと記されている。公刊の戦史には戦策の記載は無い。

開戦前に定められた「連合艦隊戦策」においては全艦隊での決戦時における第1戦隊の戦法を「丁字をえがきなるべく敵の先頭を圧迫する如く運動し且つ臨機適宜の一斉回頭を行い敵に対し丁字形を保持するに努めんとす」としている。敵が相応の運動を執って結局は併航もしくは反航になることも予想されており、その時は戦闘距離を保持する運動や16点一斉回頭(全艦で一斉に半回転する)を行うことがあるとされている。ただしこの最初の「連合艦隊戦策」には丁字戦法という記載はない。

一方の各戦隊ごとの戦策では「連合艦隊戦策」にある第1戦隊の戦法を丁字戦法と呼びこれを採用するとあるが、敵の列端(先頭や一端という表現もある)を攻撃することが付け加えられており、さらに細かな違いも見られる。

「連合艦隊戦策」は日本海海戦を前に改められ、「単隊での戦闘は丁字戦法、2隊での協同戦闘は乙字戦法に準拠する」という表現になった。また全艦隊での決戦時における第1戦隊は「敵の第2順にある部隊の先頭を斜に圧迫するが如く敵の向首する方向に折れ勉めて併航戦を開始し爾後戦闘を持続す」と定められている。これに対し戸高一成は矛盾する戦法であり、日本海海戦で丁字戦法が用いられなかった証拠の一つであるとしている。ただし第2戦隊は「状況の許す限り乙字をえがき」と定められており、2隊での協同戦闘が基本とされていると考えれば矛盾していない。
引用元:丁字戦法 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%81%E5%AD%97%E6%88%A6%E6%B3%95