【ドローネー、クプカ、ピカビア】

アポリネールが命名した
抽象絵画の一派です
オルフィスム(答)
48%

詩集『ミラボー橋』で有名な
フランスの詩人です
アポリネール(答)

連想
戯曲『ティレジアスの乳房』
詩集『アルコール』
代表作『ミラボー橋』
マリー・ローランサンとの恋
ギョーム・アポリネール(答)


ゲーム『ペルソナ3ポータブル』
で、男性および女性の主人公
キャラに共通する初期のペルソナ
は? カタカナで答えなさい
オルフェウス(答)
引用元:オルフェウス『ペルソナ3ポータブル』 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/34522/

オルフィスム(オルフィズム、仏: Orphisme, 英: Orphism)とは、キュビスムの影響を受けた、フランスにおける絵画の一傾向の呼称。

その傾向は、ピカソとジョルジュ・ブラックのキュビスム作品における抽象化をより押し進め(一部には、抽象絵画といってもいいような作品も含まれる)、一方で、2人の作品では(一時)失われた色彩を自由に使った華麗な作品となっている。

具体的な画家としては、諸説あるものの

ロベール・ドローネー(Robert Delaunay; 1885年-1941年)cf. エッフェル塔を描いた作品が有名
フランティセック・クプカ(Frantisek Kupka; 1871年-1957年)
フランシス・ピカビア(Francis Picabia; 1878年-1953年)
マルセル・デュシャン(Marcel Duchamp; 1887年-1968年)
ジャック・ヴィヨン(Jacques Villon; 1975年-1963年)
フェルナン・レジェ(Fernand Léger; 1881年-1955年)
などがあげられる。シンクロミズムに属する画家を含める考え方もある。(上記のうち、特に、ドローネーとクプカが、最も抽象化の方向を押し進めた。)

この呼び名は、1912年、ピュトー・グループの一部の作家の作品等を指してギョーム・アポリネール(Guillaume Apollinaire; 1880年-1918年)が呼んだことにはじまる。オルフィスムという言葉の由来は、ギリシャ神話のオルフェウス(竪琴の名手。Orphée)にあり、アポリネールは、この傾向に属する作品の色彩の豊かさを、「音楽」に託して比喩的に示そうとしたといわれる。

オルフィスムの終わりは、1914年ごろとされている。

オルフィスムについては、作家または作品に必ずしも共通性がなく、ジャンル分けとして余り意味や必要がないのではないか、という批判も強く、キュビスムに解消してしまう論者もいる。
オルフィスム(オルフィズム、仏: Orphisme, 英: Orphism)とは、キュビスムの影響を受けた、フランスにおける絵画の一傾向の呼称。

その傾向は、ピカソとジョルジュ・ブラックのキュビスム作品における抽象化をより押し進め(一部には、抽象絵画といってもいいような作品も含まれる)、一方で、2人の作品では(一時)失われた色彩を自由に使った華麗な作品となっている。

具体的な画家としては、諸説あるものの

ロベール・ドローネー(Robert Delaunay; 1885年-1941年)cf. エッフェル塔を描いた作品が有名
フランティセック・クプカ(Frantisek Kupka; 1871年-1957年)
フランシス・ピカビア(Francis Picabia; 1878年-1953年)
マルセル・デュシャン(Marcel Duchamp; 1887年-1968年)
ジャック・ヴィヨン(Jacques Villon; 1975年-1963年)
フェルナン・レジェ(Fernand Léger; 1881年-1955年)
などがあげられる。シンクロミズムに属する画家を含める考え方もある。(上記のうち、特に、ドローネーとクプカが、最も抽象化の方向を押し進めた。)

この呼び名は、1912年、ピュトー・グループの一部の作家の作品等を指してギョーム・アポリネール(Guillaume Apollinaire; 1880年-1918年)が呼んだことにはじまる。オルフィスムという言葉の由来は、ギリシャ神話のオルフェウス(竪琴の名手。Orphée)にあり、アポリネールは、この傾向に属する作品の色彩の豊かさを、「音楽」に託して比喩的に示そうとしたといわれる。

オルフィスムの終わりは、1914年ごろとされている。

オルフィスムについては、作家または作品に必ずしも共通性がなく、ジャンル分けとして余り意味や必要がないのではないか、という批判も強く、キュビスムに解消してしまう論者もいる。
引用元:オルフィスム – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%A0

詩人アポリネールの造語。 1911年または 12年ベルリンで R.ドローネーの展覧会が開催された際行われた彼の講演のなかで最初に用いられた。アポリネールはピカソやブラックの初期のキュビスムから構築的性格を継承しつつ,その色彩の限定的使用法と静的画面構成に代えて,印象派の純粋色がつくるダイナミズムと未来派の運動表現を導入し,しかも外界の客観的な再現から自由であるドローネー,F.クプカ,ピカビアらの当時の絵画の新しい動きに対して,ギリシア神話中の音楽の名手オルフェウスの名を冠し,彼らの探究を詩と音楽の営みになぞらえた。この傾向は抽象絵画に先鞭をつけることになった。
引用元:オルフィスムとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%A0-41671