ゴルチャコフ 「三帝同盟」ロシアの外務大臣

309aZZPDTgRPr
三帝同盟の実現に尽力した
ロシアの外務大臣です
ゴルチャコフ

アレクサンドル・ミハイロヴィッチ・ゴルチャコフ(ロシア語: Александр Михайлович Горчаков、ラテン文字転写の例:Alexandr Mikhailovich Gorchakov、1798年6月4日 – 1883年2月27日)は、帝政ロシアの政治家、外交官、貴族。
皇帝アレクサンドル2世の下で外務大臣(在職1856年 – 1882年)を務めた。爵位は公爵(Князь)。
>強力なドイツ帝国の誕生はロシアにとっても脅威であったが、こうした経緯やフランスがイデオロギー的に相いれない共和政体になったこともあって、ロシア皇帝はビスマルクの誘いに乗ってドイツ帝国皇帝、オーストリア・ハンガリー帝国皇帝とともに君主政国家の君主の盟約「三帝同盟」を結ぶこととなった[24]。
引用元: アレクサンドル・ゴルチャコフ – Wikipedia.

1872年9月、ベルリンでにドイツ帝国のヴィルヘルム1世、オーストリア=ハンガリー帝国のフランツ=ヨゼフ1世、ロシア帝国のアレクサンドル2世の三皇帝が会談、基本的な合意が成立し、その後、各国間の協議を経て1873年10月に最終的に三帝同盟(League of the Three Emperors)として調印された。
 その内容は、バルカン半島における国境線の維持と問題の平和的解決、同盟国以外からの攻撃に対する共同対処、革命運動を抑止する、などであった。フランス及びイタリアを仮想敵国とすると同時に、三国の皇帝専制政治を共同で維持しようという理念が柱であった。
引用元: 三帝同盟.