アウラングゼーブ ムガル帝国第6代皇帝 最大領土

302dPPBsviyEz
17世紀後半に在位し
ムガル帝国最大の領土を築いた
第6代皇帝は?
ウラーングブアゼ
→アウラングゼーブ

連想
イスラム国家
アウラングゼーブのとき最大領土
初代皇帝はバーブル
首都はアグラ
→ムガル帝国

アウラングゼーブ(ペルシア語: اورنگزیب‎, Aurangzēb, 1618年11月3日 – 1707年3月3日)は、北インド、ムガル帝国の第6代君主(在位:1658年 – 1707年)。アーラムギール(Ālamgīr)またはアーラムギール1世(Ālamgīr)とも称される。第5代君主シャー・ジャハーンの三男。母はムムターズ・マハル。
引用元: アウラングゼーブ – Wikipedia.

アウラングゼーブ
Aurangzēb, Mohī al-Dīn Mohammed

[生]1618.11.3. グジャラート,ドーバド
[没]1707.3.3. アーマドナガル
インド,ムガル帝国第6代の皇帝 (在位 1658~1707) 。父皇帝シャー・ジャハーンのもとにデカン地方の太守 (→スーバダール ) であったが,1657年父帝重病を契機に,兄ダーラー・シュコー,弟ムラードなどと帝位継承権を争い,1658年父帝をアーグラ城に幽閉しみずから帝位についた。
引用元: アウラングゼーブとは – コトバンク.