【大石】内蔵助、主税、瀬左衛門【大逆事件で犠牲】誠之助

次の人物のうち
赤穂四十七士の
一員でないのは?
大石瀬左衛門

大石主税
大石内蔵助
大石誠之助(答)
58%

主君浅野内匠頭の仇を討った
赤穂浪士のことを
その人数から何という?
十一八士二
五九四七三
四十七士(答)
54%

077XJmFflCRiM
奥平源八が父の仇・奥平隼人を
討った、江戸時代の有名な事件は
「◯◯◯坂の仇討ち」?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
じょうるり(答)
「浄瑠璃坂の仇討」

CIMG1112AEoTkVtTjRVj
1701年に父の敵・赤堀源五右衛門
を討ち取った「亀山の仇討ち」で
有名な兄弟は○○兄弟?
○の苗字をひらがなで答えなさい
いしい(答)
石井半蔵・石井源蔵兄弟

237bbPCvBesYc
劇中の長台詞が俳優の発声練習
に使われていることでも有名な
曽我五郎の仇討ちを描いた
歌舞伎十八番のひとつは何?
手本売
外郎帳
勧習鑑
外郎売(答)
引用元:「浄瑠璃坂の仇討ち」奥平源八 「亀山の仇討ち」石井半蔵・石井源蔵 「曾我兄弟の仇討ち」曾我祐成(すけなり)・曾我時致(ときむね)『外郎売』 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/3014/

大石 誠之助(おおいし せいのすけ、慶応3年11月4日(1867年11月29日) – 明治44年(1911年)1月24日)は、日本の社会主義者・キリスト者、医師。幸徳事件(大逆事件)で処刑された12名の1人。雅号は「禄亭」(ろくてい)。

略歴[編集]
紀伊新宮仲之町(現和歌山県新宮市)出身。同志社英学校(現・同志社大学)英語普通科中退後、神田共立学校で英語を学び中退。1891年6月渡米し、ワシントン州ワラワラ市のセントポーロ中学校入学。1892年オレゴン州立大学医科に入学。1895年4月1日オレゴン州立大学卒業。同年4月から7月までモントリオール大学で外科学を学び、10月に帰国する。翌1896年新宮町で医院を開業。

1899年伝染病研究のためシンガポールを経てインドのムンバイ大学に留学。1901年帰国。ムンバイ滞在中、カースト制の実態を知り、社会主義の思想に目覚める。また、アメリカ留学中にコックをしていた[1]ことから、1904年に新宮の町に「太平洋食堂」を開き、自ら料理人として西洋流の食生活を庶民に紹介した。堺利彦が主宰していた『家庭雑誌』に西洋料理に関する記事を寄稿し始め、堺を通じて社会主義思想に興味を持った[1]。社会主義関係の文献を読み始め、幸徳秋水や堺利彦らと交流を持ち、自宅には多くの社会主義者やアナキストなどが集った。

1910年幸徳事件(大逆事件)により検挙され、旧知の与謝野鉄幹が、文学者で弁護士の平出修に弁護を頼んだが、1911年1月18日死刑を宣告され、24日14時23分に大石の死刑が執行された。43歳没。

2018年1月24日、新宮市は、「人権思想や平和思想の基礎を築いた」人物として、名誉市民に認定する[2]。
引用元:大石誠之助 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E7%9F%B3%E8%AA%A0%E4%B9%8B%E5%8A%A9

大石誠之助が新宮市名誉市民に
平成30年1月17日 大石誠之助が11人目の新宮市名誉市民として決定しました。

慶応3年(1867年)、新宮仲之町で生まれた大石誠之助は、渡米して医療を学び、明治29年(1896年)に新宮に医院を開業。熊野地方に多い伝染病や脚気などをインドに渡って研究する等、熱意と行動力を併せ持った人物であると同時に、患者には人間として平等に接し、貧しい人からは無償で治療を行うなど、「ドクトルさん」と称えられ感謝されました。
また「太平洋食堂」や「中央堂」というレストランを開業し、西洋料理の普及や調理法などの発案を行う等、西洋的で合理的生活の普及にも尽力しました。
平和・博愛・自由・人権を訴えた大石誠之助の思想と行動力は、現在にも通じる先覚者としての功績は大きく、既に名誉市民として名を連ねる、甥の西村伊作をはじめ、佐藤春夫や中上健次に対しても大きな影響を与えました。
引用元:和歌山県新宮市 大石誠之助が新宮市名誉市民に https://www.city.shingu.lg.jp/forms/info/info.aspx?info_id=42681

篤志家 大石 誠之助(おおいし せいのすけ)
1867年(慶応3年)~1911年(明治44年)
新宮市 生まれ
「ドクトルおほいし」と大逆事件

慶応3年(1867)、新宮(現:新宮市)で生まれる。同志社英学校、東京の神田共立学校で英語を学ぶ。明治23年(1890)渡米、アメリカ、カナダの大学で医学を学び、医院を開業するが、明治28年(1895)帰国する。
翌年、新宮町仲ノ町(現:新宮市仲之町)で「ドクトルおほいし」の看板をかけ開業する。和貝彦太郎によれば、「アメリカ帰りの新しい医術が光っている上に、患者には至って優しく、貧しい人々に対しても極めて気安く診察する上、診察料も薬代も積極的には請求しないと云うので、庶民の間では一種の信仰的存在であった」と言う。       

明治32年(1899)、伝染病学研究のためインド・ボンベイ大学に留学する。このインドで見聞したカースト制度が、誠之助に人権について深く考えさせるきっかけとなり、社会主義へ近づかせることになった。
明治34年(1901)、病気のため帰郷し、新宮町船町(現:新宮市船町)で再び開業。この頃から、地方新聞に文芸作品及び社会主義的評論を投稿するようになる。また、堺利彦、幸徳秋水らと交流、資金援助を行う。明治43年(1910)、大逆事件が発覚。共同謀議の罪で誠之助も起訴され、明治44年(1911)処刑された。43歳であった。

戦後、多くの研究者により大逆事件の解明がすすみ、宮下太吉・菅野すが・新村忠雄・古河力作以外は事件とは無関係で、大石誠之助らは冤罪事件の犠牲になったといわれている。新宮では「大逆事件の犠牲者を顕彰する会」が結成され、非戦・廃娼を唱えた人権の先駆者として新宮市議会で誠之助らの名誉回復宣言が採択されるなど活発な活動が行われている。
引用元:大石 誠之助 | 和歌山県文化情報アーカイブ https://wave.pref.wakayama.lg.jp/bunka-archive/senjin/ooishi.html

赤穂事件の人物一覧(あこうじけんのじんぶついちらん)では、赤穂浪士(あこうろうし)をはじめとした、赤穂事件に関連する人物に関して記載する。
赤穂浪士[編集]
赤穂浪士(あこうろうし)は、元禄15年12月14日(1703年1月30日)深夜に旧主浅野長矩の仇[† 1]である高家吉良義央の屋敷に討ち入り、吉良義央および家人を殺害した(赤穂事件)元赤穂藩士大石良雄以下47人の武士である。

概要[編集]

赤穂浪士の扮装。歌舞伎などの創作において広まった典型的な討ち入りの装束だが、史実ではない。
かつては赤穂の牢人(浪人)といわれることが多かったが、明治の中期から赤穂義士(あこうぎし)と呼ばれ、忠孝の教えの観点から戦前は全国的にも赤穂義士の名称が一般的だった。明治以降壬生浪士の影響から浪人を浪士と称することもある。戦後、大佛次郎の小説がテレビドラマ化されてからは、赤穂浪士の方が周知されている。四十七士(しじゅうしちし)ともいう。
引用元:赤穂事件の人物一覧 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E7%A9%82%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%89%A9%E4%B8%80%E8%A6%A7

赤穂義士
あこうぎし

江戸時代中期,5代将軍徳川綱吉の時代,元禄 15 (1702) 年 12月 14日夜 (15日早朝) ,江戸の吉良義央 (上野介) 邸に討入り,旧主浅野長矩 (内匠頭) の仇討ちをとげた赤穂浪士大石良雄ら 46人と,仇討ちのとき姿を消した寺坂吉右衛門を含めて四十七士として知られる。 47人の実名,当時の年齢は次のとおり。大石内蔵助良雄 (45) ,大石主税良金 (16) ,片岡源五右衛門高房 (37) ,原惣右衛門元辰 (56) ,堀部弥兵衛金丸 (77) ,堀部安兵衛武庸 (34) ,近松勘六行重 (34) ,吉田忠左衛門兼亮 (64) ,吉田沢右衛門兼貞 (29) ,間瀬久太夫正明 (63) ,間瀬孫九郎正辰 (23) ,潮田又之丞高教 (35) ,富森助右衛門正因 (34) ,赤埴源蔵重賢 (35,赤垣源蔵として知られる) ,不破数右衛門正種 (34) ,岡野金右衛門秀包 (24) ,小野寺十内秀和 (61) ,小野寺幸右衛門秀富 (28) ,奥田孫太夫重盛 (57) ,奥田貞右衛門行高 (26) ,大石瀬左衛門信清 (27) ,木村岡右衛門貞行 (46) ,矢田五郎右衛門助武 (29) ,早水藤左衛門満堯 (40) ,礒貝十郎左衛門正久 (25) ,間喜兵衛光延 (69) ,間十次郎光興 (26) ,間新六光風 (24) ,中村勘助正辰 (45) ,菅谷半之丞政利 (44) ,千馬三郎兵衛光忠 (51) ,村松喜兵衛秀直 (62) ,村松三太夫高直 (27) ,岡嶋八十右衛門常樹 (38) ,大高源吾忠雄 (32) ,倉橋伝助武幸 (34) ,矢頭右衛門七教兼 (18) ,勝田新左衛門武堯 (24) ,前原伊助定房 (40) ,貝賀弥左衛門友信 (54) ,武林唯七隆重 (32) ,杉野十平次次房 (28) ,神崎与五郎則休 (38) ,茅野和助常成 (37) ,横川勘平宗利 (37) ,三村次郎左衛門包常 (37) ,寺坂吉右衛門信行 (83?没) 。
引用元:赤穂義士(あこうぎし)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E8%B5%A4%E7%A9%82%E7%BE%A9%E5%A3%AB-24916